<   2011年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

フライング吊り革


【夢日記】
ほぼメモ

・直接あった事はないけど知り合いだと認識している人と行動中
・5000円借りた
・それで何か買うらしい
・学校の集会をさぼる
・先生キレた
・コックピットのような場所
・カメラないか確認する

・公園。一面の芝生の中にぐねぐね伸びてる道を歩く
・その道に沿ってバス停がある
・バス停にはかがみんともう一人誰かがいた
・知り合いっぽい感じだったので話す
・空中に浮かんでる吊り革にぶら下がりながら話してた
・あとなんか女体化してる おっぱいおっぱい
・なぜかゲロの話になったときにすっぱい匂いを感じた
・そのへんで覚醒、起きたタイミングはちょい曖昧


【睡眠状況】
5:00→9:00→10:00

五感:視覚◎ 聴覚○ 触覚○ 味覚× 嗅覚◎
ほか:思考◎ 感情☆
[PR]
by dreamvippen | 2011-01-23 20:41 | 夢日記

人間やめましょう


【夢日記】
小4くらいまで住んでたアパートの階段によく似た場所にいる。
記憶よりかなり薄汚れててボロくなっていた。
あちこちに顔くらいの大きさの紙に絵画が描かれたものが吊るされていた。
階段を登っていきどこかの部屋に入った気がする。


プールに入って妹と競争していた。
距離は25mのプールだったので1往復分。普通に負けた。
プールサイドにはバーチャンがいた気がする。
しばらく泳いでないけど感覚はそれなりにリアルだった。


漫画を見ているような視界。
研究者っぽい白衣を着た2人の女の子(どう見てもロリ)が神妙な顔で話し合っている。それぞれA,Bとしておく。
この世界ではインプという悪魔を使って薬物の実験をやるのが普通らしい。
そんで今争ってる相手(国っぽいニュアンスだったけど国って単語は出てこなかった気がする)は
そのインプを使って異形の存在になるような実験を行っている?とかなんとか。
Bが「強さを求める余り人外にまでなっちゃったらどうしようもないだろjk」的な事を言うと、
Aが「生き残ることが大事なんだから勝つ為には形振り構ってられないだろjk」的な事を言ってた。
そんで言い争いになってAがBにつかみかかった所で実験用の浴槽?に2人が落ちてしまった。
浴槽と言っても深さは15cmもなくて、水じゃなくて白い泡で満たされているよく分からん代物。
その白い泡が割と危ないものらしく2人とも意識を失ってた。
Aが先に目覚めてBを揺り起こしたところで、Aが「私が間違ってたごめん」と言ってた。
意識を失ってる間に何かあった(その部分も見た気がするけど忘れてる...)らしい。
目を覚ましたBが「分かってくれてありがとう」とAに抱きついて、
Aが恥ずかしそうに抱きしめ返したところで目が覚めた。
A,Bの他に画面の手前にもう一人研究員っぽいのが転がってたけど誰だこいつ。

インプはドラクエ7に出てくるやつに似てた。
漫画の絵柄は背景の書き込み少なくて4コマにありそうな感じだった。
人物はぷにっとした感じでkawaii

【睡眠状況】
2:00→8:00

五感:視覚★ 聴覚△ 触覚◎ 味覚× 嗅覚×
ほか:思考◎ 感情○
[PR]
by dreamvippen | 2011-01-22 09:51 | 夢日記

ほほほほほホラー


【夢日記】
薄暗い家の中にいる。壁や天井はボロい木張りでどうもホラーの匂いがする。
結構広い家だった。二段ベッドが2つほどついてる寝室と、
橙色のざぶとんが敷き詰められている部屋(入り口が2つある)だけは記憶に残っている。
ざぶとん部屋には座敷童子っぽい雰囲気の二次ロリがいた。角付きだった。幼女の角ペロペロ^^^
それと俺も他の家族もなんか身長が小さめになってた。

寝室で兄と話していると巨大な猫を連れた変なおっさんが廊下をフラフラ歩いているのが目に入った。
ぎょっとしておっさんの方を見ると、目の焦点が定まってなくて怖い。
廊下は寝室の灯りが漏れている場所以外は完全に真っ暗だったので怖い。
その後何かあった気がするが記憶が飛んでる。
親父が仕事から帰ってきて、その変なおっさんを見ると険しい表情をして何事か話しかけていた。
「仕事であんたの体を見てきた」
「腹のところで真っ二つだったよ」
と言っていたのは覚えている。
そのおっさんは既に死んでいて実体のある幽霊?になってた?とかそんな雰囲気だった。
よくわからん。

場面飛ぶ。
どこかに出かけるらしい。母と妹が既に外に出ていこうとしていて、兄は準備中だった。
居間にいるのにやっぱり薄暗い。
母が妙にイラついてるというか何か様子がおかしい感じで、
一緒にいる妹を殴ったりしないかとはらはらしていた。
いや現実では全くそういうことするような人じゃないけど。
兄が出て行ったので薄暗い居間に俺一人になった。怖いので急いで用意をしなければと
部屋の角にある高い棚に手を伸ばして何かを取り、すぐ居間をでた。
手に取ったのはゲームボーイカラーだったような気がする。

長い廊下(幅2mほど、玄関まで50mくらいありそう)を玄関に向かって走る。
途中兄の部屋の電気がついてるのを見て消していこうとしたが、スイッチの位置がわからなかった。
部屋は畳張りで廊下との仕切りや扉・壁はなく、大きい椅子と大型のテレビ、それにパソコンが置いてある。
パソコンもテレビもつけっぱなしで、テレビには緑と青っぽい色の何かが映っていたがよく思い出せない。
左上に「わてり」という文字が出ていたのは覚えている。

廊下をさらに進むとまた電気のついている部屋を見つけた。
消そうと思って部屋(この部屋も仕切りや壁がない)を覗き込む。
妙に広い物置のような感じだった。大量の椅子が無造作に積まれている。
奥に行くに連れて床が下がっていく感じになっている。奥の方はやはり暗くて見えない。
暗さのせいでどこまで続いているのかわからなくて、
「奥の方はどこか変な所に繋がっていそう」という恐怖を覚え、
ばっと目をそらして玄関に向かって逃げた。

玄関は一軒家の玄関というよりホテルの入り口っぽかった。
上には雨避けがあってそのへんに植物が植えてある。
空は暗かった。夜という感じではなくて……、何て言えばいいんだろう分からん。

正面を見ると家族がいて、さっき感じた母のおかしな様子は消えていた。
バスが向こうに向かって走っていくのが見える。テールライトがついていた。
「バスに乗ろうとしたけど間に合わなくて目の前を通りすぎていった」
「次のに乗るよ!」
といったような事を話していたところで覚醒。


なげぇんだよ!!!!!
いや夢としてはそんな長くないんだけど情報量が多いんだよ!!!!

【睡眠状況】
0:00→4:30→7:00
寝る前30分くらいに一杯やってから寝た。
自律訓練はせず。

五感:視覚★ 聴覚◎ 触覚☆ 味覚× 嗅覚△
ほか:思考★ 感情★
[PR]
by dreamvippen | 2011-01-17 09:41 | 夢日記

ヴんかさい


【夢日記】
文化祭の準備をしていた。いろいろあったけど忘れる。
どの教室も授業のようなものをしているのに、
俺は廊下をぶらぶら歩いてそれぞれの教室を眺めていた場面があったのは覚えてる。
でも廊下には同じようなやつが数人いた。


1-20人くらいでダンジョンのような場所を進んでいる。
ダンジョンといっても壁や床などは普通に現代風でなんだかミスマッチ。
壁に引き出しやタンスとかついてるし、床にはカーペットもあったりする。
ダンジョンみたいな構造なだけでただの家かもしれない。
進んでたらトカゲの化物が出てきたので目に指突き刺しまくって殺した。

細長い通路を進んでいたところで、
途中でシャッターのようなものが降りて先頭と後続に分断されてしまった。
俺は後続の方にいて、あわててシャッターにとりついたけどなかなか開かない。
先頭の方では何か出てきたようで悲鳴や何かを叩きつけるような音が聞こえてきた。
くそっなんでこういう可能性を考えておかなかったんだ!!的な事を思ったあたりで
肉体(夢のなかの自分の肉体)の感覚が消えて、
自分の思考の中にぐにゃりと入り込んでいくような感覚を覚えて意識が途切れた。


文化祭当日、大人数でぞろぞろ歩いているのに着いていってる。
なぜか周りの風景はよく見えなかったが、
歩いている道がゆるやかなカーブを描いていたので
1階が競技場、2階が観客席になってるような場所の2階の通路を歩いている、と認識していた。
足元にぽっかり空いた穴があって、先の人がどんどんそこに入っていくのでそれに従った。

俺の身長より高い段差だった気がするが軽くすとんと降りられた。
そこはコンサートホールのような席が並んでいる。
中央に新型のエレクトーンがあり、そこを中心に扇形に席が広がっていて、
それぞれの席には旧型でくすんだ色のエレクトーンが設置されていた。
あれだ、まんまオーケストラの配置な感じ。

ここが俺達の待機場所らしい。適当な席に固まって座る。
席のエレクトーンにはEL-11と書いてあった。確か存在しない型番。
エレクトーンをいじりつつ隣のやつと適当に話していると、
後ろから声をかけられた。

 「俺のこれ、半分破れちゃってるけどいいのかな」
俺「いいんじゃねー?俺そのプリントもらってすらいないしwwww」
 「おめぇはダメすぎだろ」
俺「大丈夫だってwwww」

練習の状況や、自分の役のポイント?などをメモしてあるプリントらしい。
このへんでようやく俺らがこの文化祭で発表するものは劇だ、ということに気づく。
自分の役って何だっけ、と思い出そうとして、
その場面が2つ3つ頭に浮かんできたところで覚醒した。
はっきり何の役だった!とは思い出せないがものすごくチョイ役だった気がする。
でも出番は複数回あるっぽい。これは……つまり……木の役か……


【睡眠状況】
2:00→8:00→12:59
8時のアラームで起床→ちょっとだけ二度寝しよう→8時半にアラーム再セット
→寝たままアラームを華麗にスルー→昼

五感:視覚★ 聴覚◎ 触覚☆ 味覚× 嗅覚△
ほか:思考★ 感情☆
[PR]
by dreamvippen | 2011-01-15 13:50 | 夢日記

潜入

【夢日記】
見すぎてだいぶ忘れた

大きい倉庫のような場所で、同期らしき人達とその教官とでなんやかんやしてた。
大分長かったし話の流れもしっかりあったような気がするんだけど忘れた。

その後は漫画を見てるような視界になって話が進んでった。
なんというかガンガンっぽい絵柄の漫画だった。
俺ともう一人が選ばれて敵の部隊に潜入するって話で、
メッセンジャー的な存在らしい妖精が一人同行していた。妖精さんかわいいよペロペロ^^^^^
入隊する手続きが済んで、その部隊の宿舎?を見まわっているところで覚醒。
漫画の中で俺が俺と認識していたキャラはどう見ても俺に似てはいなかったけど、
全く疑い無くこれは俺だと認識してて不思議

※追記
前半か後半かは覚えてないけど、面接官らしき人に「好きなアーティストは?」的な事を聞かれて
I am Robot and Proudです!!と言ったら食いついてきたのを思い出した


【睡眠状況】
0:30→7:00→7:30→14:30 おい今日平日なんですけどなんなの

【寝る前】
自立訓練やって寝た。普通に寝るより寝付きがいい気がする

五感:視覚☆ 聴覚△ 触覚△ 味覚× 嗅覚×
ほか:思考○ 感情○
[PR]
by dreamvippen | 2011-01-13 17:05 | 夢日記

らっせんかいだーん

【夢日記】
巨大な螺旋階段のような場所にいる。
登ったかと思えば下ったり、さらに分岐があったりとだいぶ不自然な場所だった。
壁、天井は木張りで日本家屋っぽいのにダンジョンみたいな構成なのでカオスな風景だった。
大きな塔の外周部分に階段から成るダンジョンが張り巡らされている、といった感じ?
だいたい通路は人ふたりがやっと通れるくらいで、天井は割と高かった。
場所によってやたら広い通路のとこもあったと思う。

あまり覚えてないけど誰かと行動を共にしているとき(そのタイミングで偶然会っただけかも?)
コアラと犬らしき生物がにらみ合いをしているのを発見した。
これはヤバい、となぜか本気で焦って犬もどきを引き離そうとしたが、逆にコアラに飛んで行ってしまった。
コアラが食われる、と思ったが犬はコアラの上にのしかかってじゃれているだけだった。

その後なぜか俺らがコアラに襲われる羽目になった。逃げようとしたところで覚醒。
起きる直前は 俺 コアラ 誰か という位置関係にあった気がする。
一緒に行動してたらこういう状態にはならんような……

【寝る前】
自立訓練しといた。
軽く落ちる感じと周りの音が遠くなる感覚がしたけど入眠時は今のとこ無理ゲーなので放置して寝る。
朝も平日の二度寝は危険なので普通に起きた。やっぱやるとしたら休日の朝か昼寝だなあ。

【睡眠状況】
0:30→6:30

五感:視覚☆ 聴覚○ 触覚☆ 味覚× 嗅覚×
ほか:思考☆ 感情◎
[PR]
by dreamvippen | 2011-01-12 08:37 | 夢日記

goto説明会


【夢日記】
ホテルで開催されている説明会を受けているようだ。
説明会というよりセミナーもしくは講義っぽかった気もするけどよくわからん。
予定されている枠の中から予め自分が受けたいものを2つ選んでおくらしい。
でも俺は選んでなかった。
途中で会った知り合いにお前選んでねーのかよwwwやばくねwwwと言われてた。

適当に会場内を歩きまわる。あるフロアは店舗のない大型百貨店のようだったり、
あるフロアは高そうな雰囲気のホテルだったりした。カオス。
階段を適当に上がっていくと、何かやってる集団を見つけた。
彼らはなぜか銃などの武器を担いでいて、みんなとても焦ってる感じだった。
誰かに聞いたわけでもないが、
あの集団は「今日はみんなに殺し合いをしてもらいます」的な説明会に当たってしまった、と理解していた。
どんな説明会だよ。
もちろん事前にそれを説明されているわけでもなく、ほぼ全員が混乱しているのが分かった。

どういう経緯だかは忘れたが通りすがりの俺が狙われる事態になっちゃったので
俺はアクション映画ばりの身のこなしで縦横無尽に逃げまわってた。俺SUGEEEEE
だいたい撒いたかな、と思ったあたりで覚醒した気がする。ちょい曖昧。

【睡眠状況】
1:30→7:00→8:00→11:30
うわあああああああ朝ぐらいバシッと起きろよおおおおおおおもう講義始まっちゃうよおおおおおお

五感:視覚★ 聴覚◎ 触覚☆ 味覚× 嗅覚×
ほか:思考☆ 感情◎
[PR]
by dreamvippen | 2011-01-10 12:32 | 夢日記

競技んぐ



【夢日記】
小さい体育館、たぶん小学校の時の体育館
かなり色々あったけど忘れた
競技中サッカーボールが窓から外に出る(ガラスすり抜けた?)
誰かがそのボールを取ろうと体育館を出て普通の入り口から外に出て行ったのを見た。
俺は体育館の裏口から出て、積もった雪の中を横断してボールを取り、窓のすきまに押し込んだ
雪の冷たさと靴の中に入る雪の感触がリアルでびびる
その時反対側からさっき普通に外に出てったやつがボールを2つ抱えてやってきた
すまん先に取っちゃった、と言うと、
怒ってるわけでもないし悲しそうでもないしなんとも言えない表情をして、
何も言わず元来た道を戻っていった
体育館の中では競技が一区切りついて、何かの投票?をしているようだった。
「俺は○○!」「じゃあ俺も」という風な声が聞こえていた気がする。
戻る前に覚醒

【睡眠状況】
3:30→9:30→10:30→11:50→12:50 ねすぎ

五感:視覚★ 聴覚◎ 触覚★ 味覚× 嗅覚△
ほか:思考★ 感情★
[PR]
by dreamvippen | 2011-01-08 13:17 | 夢日記

夢で気がついたら女の子になってました


【夢日記】
本屋を見て回っている。
気づいたらどこかのタイミングで唐突に女の体になってた。
遠目に知り合いを発見して、どきどきしながら隣を通り過ぎたけど気付かれなかった。
ついでに店を回って一緒に来ている家族の近くを歩いてみる。
妹、兄、父→気付かれない
着てる服は同じなのになんで気付かれないんだろう、とちょっと疑問に思う。
容姿は乳大きめで髪は長かった。自分視点だったので細かいところは確認できなかった悔しい。

端っこの方の本棚を見ていると
ドラクエ5の紫髪ver王女が半ケツで座っている表紙の本が平積みされていて、
なんだこれと思って帯を読んだら「王子が悪堕ちする漫画!」というような事が書いてあった。
いかにもエロ漫画っぽい表紙だったので、
こんなもん一般書店で売るなよボケと思いながら嫌な気分になったところで覚醒。
題名はひらがなで「○○ものがたり」だった気がする。

【睡眠状況】
1:00→9:00

五感:視覚☆ 聴覚× 触覚△ 味覚× 嗅覚×
ほか:思考◎ 感情○
[PR]
by dreamvippen | 2011-01-07 09:56 | 夢日記

さーてどっか行くかー^^


【夢日記】
これから団体で旅行に行くようで、駅っぽい場所にいる。(空港のホームにも似た感じ)
班分けが完了したところで、しばらく会ってない友達と同じ班になった。
チッこいつとかよ……と言われ明らかに嫌そうな態度を取られた。
でも何かそういう態度を取られても仕方がないことをしたという記憶が夢の中ではあって、
嫌だろうけど班は変えられないし我慢してくだしあ><みたいな事を言っていたと思う。

その後予定?だか仕事で発表する内容?を班で検討する時間になって、
駅においてある机やソファーに班ごとに固まってあーだこーだやっていた。
そのあたりでもう友達とは普通にしゃべってた気がする。
今考えると駅の構内のど真ん中にガラス製の机やソファーがあるってなんかシュール
点字ブロック

【睡眠状況】
1時半→10時くらい?コタツで寝た

【五感】
視覚☆ 聴覚△ 触覚☓ 味覚☓ 嗅覚△
思考○ 感情○
[PR]
by dreamvippen | 2011-01-03 00:46 | 夢日記