<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

DO-KUTU

【睡眠状況】
1時→6時→8時

【夢日記】
・戦時中っぽい雰囲気
・教会の地下に洞窟があってそこで隠れて暮らしてる、2人くらいの仲間と
・仲間(手を広げた程度の大きさの小人)が怪我したとかで治療してくれるやつを街で探す
・見つかったらヤバイらしいのでスリル満点
 小人は紙みたいなのに包んで左手に持ってた。心臓の鼓動が感じられた。
・見つけたけど治療できないと言われた
・逆ギレして洞窟に帰ってひきこもった
 帰ったあたりで既に小人は死んでた気がする

どのへんで目覚めたかは曖昧

五感:視覚☆ 聴覚△ 触覚☆ 味覚× 嗅覚△
ほか:思考★ 感情☆
[PR]
by dreamvippen | 2010-07-26 09:45 | 夢日記

きゃーひとごろしー

【睡眠状況】
23時→5時→7時→8時

【夢日記】
部活かなにかのメンバーで合宿をしているらしい。前も一度ここに来たことがあると記憶している。
そして俺はここのトイレで人を殺した記憶があった。
殺した相手の顔をしっかり覚えていて、そいつは現実でも実在する人物だった。中学ん時の同級生。
殺した状況や殺した手段をあまりにもはっきり覚えているので、
「これもしかして本当に現実でも殺しちゃってたんじゃね……あとで確認しなきゃ……」と怯えていたのを覚えている。
おいここまで考えてといてなんで明晰夢に移行できねーんだよぼけ!!!!

あとは大部分忘れちゃってて、林の中を必死に走ってる場面と、
トイレに「○○を殺した相手はもう検討がついていて、今は泳がせている。次になんか起こしたらまとめて取っ捕まえる」的な張り紙が貼ってあって、
最高にテンパった場面ぐらいしか覚えていない。
いやあシャレにならない夢ですなあ

--------------
教室の中にいる。
外はもう夕暮れで、教室の灯はついておらず夕陽の光だけが教室を照らしていて綺麗だった。
教室内には俺と友人Tがいる。
教室の隅にある洗面台の下の棚っぽいスペースから親父がひょっこり出てきて、俺とTにドット絵の仕事を頼んできた。
この夢のなかではTはドット絵が得意らしい。現実ではそんなことはなかった。
ノルマは6体で、3体ずつ手分けしよう、ということになった。
でも俺はドット絵には自信がないので、もしかして納期に間に合わないかもしれないから
そんときは1体分手伝ってくれ、と頼んだらTは仕方ねーな、と承ってくれた気がする。
親父が洗面所の下にまた潜っていったので、洗面所に近づき開いた扉の中を覗くと親父の頭がみえた。
親父は180cm近くあるので、洗面所の下にこれだけのスペースがあることになる。
しかしここは3階(2階?はっきりしなかった)で、階下との間にそんな大きなスペースがあるとは思えない。
どういうこっちゃ、と思っていたら目が覚めた。

五感:視覚★ 聴覚× 触覚△ 味覚× 嗅覚×
ほか:思考★ 感情★
[PR]
by dreamvippen | 2010-07-25 09:10 | 夢日記

尻沢

【睡眠状況】
22時→6時半

【夢日記】
駅の構内で、何かが書かれたプラカードを抱えてる人が
通りすがりのおっさんに尻をなでられる所を見ていた。男だか女だかは分からなかった。

----------
ツクール200Xのゲームっぽい画面を見ている。
異世界のトップとこっちの世界の王様が揉めていて、もう攻め込んじゃおうぜっていう話だった。
王様はキャラメル王って呼ばれてた。
ピラミッドっぽい場所に兵士を配置して、王様とほか誰か2人くらいが詠唱を開始すると
異世界に転送されるってシーンだったけど詠唱の途中で目が覚めた

五感:視覚○ 聴覚× 触覚× 味覚× 嗅覚×
ほか:思考△ 感情×
[PR]
by dreamvippen | 2010-07-24 08:47 | 夢日記

KYOUSOU

【睡眠状況】
2時→6時→8時

【夢日記】
ばかに広い塔みたいな場所を登る競争?をしているらしい。
階層ごとに試験というか競技があって、遅い方から切り捨てられていく感じ。
なんかこれ系統の夢多い気がするな。

エレベータ?で上に上がり、広大なフィールドについた
誰かが走りだしたのに続いてみんなそっちへと走りだすが、
正解のルートは別方向にあるぞ!と誰かが言ったのにハッとなってそっちへ方向転換する
なんとかを持っているやつは有利だなあ的なことを誰かが言っていた

みんなが固まってうずくまって何かをいじっている。
針金を曲げて6文字以上の英単語を3つ作る試験らしい。
針金はある程度のカタマリが袋に入って何かで留められてた。
小さな箱があって、作った英単語はその箱に入れないとダメとかなんとか
有効な単語は箱の中に入れると緑色に光るようだ。
箱の中に入ってやらないとできにくいと誰かからアドバイスをもらったので
何言ってんだコイツと箱の中をのぞいてみると何人か小さい人がいてびびった。

高校の頃の同級生Tが入ってきて時間オーバーみたいなことを話す
クリアした人はほとんどいないみたいだった
もう一度仕切りなおしのようでみんなぞろぞろ階下へ戻る
俺はなぜか相当切羽詰ってて、次のスタートでは全力で走ってトップで箱まで辿りつかないとと思っていた

階下に降りると講堂みたいな場所があった。
ドアが複数あったが、なぜか皆が避けているドアがあった。
縦に広くてトタンみたいな質感で透けていて中央に紫色っぽいコア?がある。
開かないのかな?と思って押したら開いた。そしてそこに別の人が横から勢い良く入ってきて、落ちた。
頭を打って血しぶきを上げながら落ちて、下は階段か坂道になっていたようでごろごろと下の方へ転がっていって、見えなくなった。
ドアのある場所はだいぶ高い所で、ドアのすぐ先で足場がなくなっている。
右の方に下に降りるゆるい坂道があったが、人ひとりやっと通れるくらいの狭さだった。これは危ない。
俺は慎重に右の坂道を歩きながら、後ろから来る人に「ここ危ないから気をつけろ、今人が落ちた」と叫んだ。
嫌なもん見ちまったな、と思いながらたくさんの席をするすると乗り越えて自分の席へ。

壇上にいる人がさっき落ちたやつのことを何か話していた(間抜けなやつだ、的な)が、助けているようすはなかった。
自分の席の隣に某歌ロイドのリンっぽい人がいたが、そこは別のやつの席だと知っていた。
でもその別のやつがなかなか来なかったので放っておいた。
誰かが壇上で何かの説明をしているが、
俺は形をつくるのが簡単そうで6文字きっかりのアルファベットを辞書からさがすのに夢中でほとんど聞いてなかった。
yendor, width, height, herry という単語がメモに残っていたのを覚えている。
どうみても5文字が2つ紛れ込んでます 本当にありがとうございました
そのへんで覚醒。

五感:視覚◎ 聴覚○ 触覚○ 味覚× 嗅覚×
ほか:思考☆ 感情◎
[PR]
by dreamvippen | 2010-07-17 19:03 | 夢日記

罵られ隊

【睡眠状況】
23時→1時半→4時

【夢日記】
教室の中にいる。最初の方はよく覚えていない。
・ごみばこ、大量のごみ
・かみくず
・?どれかが正しい
っていうメモが残ってた。よくわからん。

教室内をうろうろと歩きながら自分の席を探している。
今この教室では会議らしきものをやっていて、俺は書記を務めているようだ。
書記は専用の椅子に座らないとだめらしい。
視界の端にローグライクのミニマップみたいなのが浮かんでいるのに気付いた。
マップ内に2箇所ほど緑色っぽく光っている点があり、それが俺の座るべき椅子らしい。

教室の前を通って椅子の方に行こうとすると、会議の進行役の女の子から
はやく座れよぐずぐずすんな的なことをぐちぐち言われる。
女の子は紺色の制服を着ていて髪は短め、目がとてもぱっちりしていてかわいかった。
適当に返事して椅子へ向かう途中で、誰か(たぶん男だったと思う)に
「〇〇(進行役の子の名前。思い出せない)って動物にたとえると何だと思う?」と聞かれた。
真っ先に思いついたのがリスという答えだったが、
本人がすぐ近くにいるしまた突っかかられそうだったのでスルーした。
そのまま椅子に向かおうとしたところ、通路をはさんだ席ごしに男女が身を乗り出して愛をささやき合っていて通れなかったため別の通路から迂回した。

座った席は女の子が多いテーブルだった。
座るときに、いつのまにか持っていた本4冊をぶちまける。
2人が拾おうとしてくれたのにそれを無言で手で制して自分で拾った。なんだこいつ。俺だけど。
本を拾って席に座ると、左隣にいた眼鏡の女の子に俺が持っていた本について文句を言われる。
どんな文句だったかは忘れた。内容がひどい的なことだったような。
「言いたいことは分かるけど、その本を持ってただけの俺にそんなこと愚痴られても困る」と言ったら女の子はフン!って感じで黙った。
なんだこいつ。俺だけど。

その後はメモに
・右隣にいたアイマスの涼ちんっぽい子となにか言い合い
・新聞の一面みたいなのが見える
って書いてあるけどあまり覚えていない。

五感:視覚☆ 聴覚× 触覚◎ 味覚× 嗅覚×
ほか:思考○ 感情◎
[PR]
by dreamvippen | 2010-07-16 10:22 | 夢日記

坂の上の

【睡眠状況】
2時→7時

【金縛り】
姿勢は仰向け、左手は腹の上
触覚を使う妄想しながらうとうとしてたら体がガッと重くなった

視界は灰色っぽいくすんだ紫色。丘の頂上のちょっと前あたりにいる。たぶん自転車に乗ってた。
眼下の風景は田んぼと山だらけの典型的な田舎だった。
だいぶ高い場所にいるようで、かなりの範囲が見渡せた。といっても前方しか見なかったけど。
前に進んで丘から降りようとするが、なかなか下る道がみえてこない。
あれこれもしかして下り坂はものすごい急なんじゃね、と思ったところで前輪がガクンときた。
真下に落ちてるかと思うくらいの坂道。途中で視界が途切れた。

視界が真っ暗になったあと、視界の中央少し右あたりに気味の悪い顔が映ったり消えたりしていた。
1~20秒くらいで終わったと思う。
顔の印象は目がやたらぱっちりしていて唇が厚かったくらいしか覚えていない。

そのあとまた何かあった気がするけど忘れた。
幻覚が終わってもまだ金縛ってる感じだったので、ここからどう抜けようかなーと
しばらくあれこれやっていたが、そのうち周りの空気が普通に戻って金縛り終了。
そのまますぐ寝てしまった気がする。
[PR]
by dreamvippen | 2010-07-15 09:49 | 金縛り

たまごだいばくはつ

【睡眠状況】
22時→14時

【夢日記】
微妙に見覚えのあるマンションの一部屋でテレビを見ている。
緑の少ない砂だらけの風景とアラブ風な人達が映っていた。
今日はたまごの発売日で、それを買い求める大勢の人が並んでいるところを映していた。
たまごは今日、世界中で一斉に発売されるらしい。
なんか現在に比べてものすごく貴重なものになっているという記憶があった。

テレビでは、リポーターがそこらへんを歩いていて見つけたという
よく分からん設備について現地の人に質問している。
たまごは自然爆発するから一般の人が触れないようにガードを設けている、とか話してた。
えっなんで爆発すんのと思っていたら目が覚めた

五感:視覚○ 聴覚× 触覚× 味覚× 嗅覚×
ほか:思考△ 感情△
[PR]
by dreamvippen | 2010-07-09 18:28 | 夢日記

魚ゲー

【睡眠状況】
23時→2時

【夢日記】
pixivにmixiアプリみたいなゲームが実装されている。
プレイヤーは薄暗い水槽の中で、うすっぺらい紙みたいな形状の魚を操って外へ脱出するという謎なゲームだった。
ゲームをやっている自分は認識できなくて、魚を少し離れた場所から見ている(自分が水槽内にいる感じ)視点だった。
他のプレイヤーが2~3人いて、お互いに脱出するのを邪魔しあうのを妙に面白く感じた覚えがある。
あと土管が細くてなかなか入れなかった。
なんとか外に出る土管に入り込んだあたりで、「今回のアップデートで面白さがぐんと増した」と思った。
そのへんで目が覚めた。

五感:視覚◎ 聴覚× 触覚△ 味覚× 嗅覚×
ほか:思考○ 感情◎
[PR]
by dreamvippen | 2010-07-06 04:13 | 夢日記

ごちゃまぜ

【睡眠状況】
0時→16時
ヒント:平日

【夢日記】
見すぎて断片的な場面しか記憶に残っていない。

・通っていた中学校の教師用の玄関前に、大きなバケツとタライ?を逆さまにして設置している。
これで何か動物を捕まえるんだ、と一緒にいた人に説明していた。

・実家前の道路で家族数人+知らない人と一緒に座り込んでいた。辺りはかなり暗い。
テレビとこたつが置いてあって、みんな普通にくつろいでる感じ。家入れよ。
どこかの南米の島では10年に一度病院でうんたらかんたらって内容のテレビをやっていて、
その内容について誰かが突っ込みを入れたのに対して
俺は「確かにそうだな」と納得したのを覚えている。

・見たことのない教室(教室と認識していたけど、妙に小奇麗で机も少ないし教室っぽくなかった)で
高校の頃の数学の教師に会って最近どうよ的な話を少しした。

・補習?を受けている。これまた見たことのない教室で、かなり広かった。
でも皆一箇所にまとまらずに、グループごとにかなりバラバラな場所に座っていた。
俺とあと3人ほどのグループも、話をしている先生からかなり離れた場所に座っているんだけど
夢のなかではそのことを何も疑問に思わなかった。
先生の周りには6人ほどのグループがいた気がする。あと黒板がすごく小さかった。

五感:視覚○ 聴覚× 触覚× 味覚× 嗅覚×
ほか:思考△ 感情×
[PR]
by dreamvippen | 2010-07-05 16:40 | 夢日記