<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

くま

【睡眠状況】
0時→8時→9時

【夢日記】
どこかの学校にいる。見慣れない校舎。
1階の階段の脇にいて、俺のほかに友達が数人集まっている。
何かこの学校に危険が訪れているらしく、気をつけようぜ!みたいなことを話していた。

俺は自分の教室に荷物を置いてきたいので、階段を登りはじめた。
何段登ったか覚えてないけど、自分の教室にたどり着いた。5の4らしい。小学校かよ。
教室の中は光が入ってなくて薄暗かったので、
入り口から見えた人影には大して注意してなかった。
教室に入り、ロッカーに荷物を入れる。人影は2mくらい横のロッカーでなにかしていた。
ここは危ないらしいから早く下に降りといた方がいいよ、と言おうと思って
そちらに顔を向けると、人影はなんとでかいクマだった。
死ぬほどびっくりしたがこちらには興味を示していないようだったので速攻逃げた。

光の速さで1階に降りると、めちゃくちゃ人が多くなってる。
全員避難してきた人らしい。
さっきいた友達を見つけて、半泣きでさっきあったことを話した。
友達曰くそのクマはここらへんでも有名な超デカくて恐ろしいクマで、
なんとかっていうあだ名がついているらしい。
それを聞いてさらに涙目になっていたら、後ろからすげぇ悲鳴があがった。

さっきのクマが階段から降りてきていた。
それに気付いた人達はみんな我先にと廊下を走って校舎から出ようとしている。
ハイパー押し合いへし合いタイム。もみくちゃにされながらなんとか校舎から出た。
クマに殺られた人はまだいないようだった。といっても戻って確認したわけじゃないけど。
…っていうかこのクマ降りてきたの100%俺のせいじゃね?と記事を書いてて気付いた。

友達が足をくじいたかなんかしたらしく、気付いたら友達をおぶって走っていた。
できるだけ遠くに逃げろというアナウンスがあったっぽい。
周りの景色は割と田舎。田んぼとかいっぱいだった。

道をひたすら走っていると、左側の道にパン屋が見えてきた。
パン食いたいなあと思っていると、車道をはさんで反対側の道で
パン屋の店長が俺たちと同じくらいのペースで、こちらをガン見しながら走っているのを発見。
やだなにこのおっさん……
「うちのパンの味の特徴を答えられたら無料でパンをあげよう!」と言われた。
俺はこの店のパンを食った記憶があったので、
生地が固めで味は控えめ、チリソースがとてもおいしい、と答えたら
チリソースが乗ったパンを一人分もらった。
俺は食ったことがあったので友達にあげた。
おっさんは目を離したすきに消えた。

後ろを振り向くと、クマが割と近くに迫ってきていた。やべぇ。
クマと俺らの間には人がいなかったので狙われる!と思い、道を外れ田んぼの方に逃げる。
田んぼ超広かった。地平線の果てまで続いてた。

田田田|建物|道
田田田|  |道
田田田|建物|道

こんな感じだったので、建物と建物の間に隠れてやり過ごすことに。
建物の間に行こうとすると、進行方向にクマが見えた。
やべぇ、先回りされた!?と急いで来た方向に戻ろうとしたら、そっちにもクマが見える。
つまり、ハサミ打ちのカタチになるな……。
テンパっていたら覚醒。

五感:視覚☆ 聴覚◎ 触覚◎ 味覚○ 嗅覚△
ほか:思考☆ 感情☆
[PR]
by dreamvippen | 2009-11-29 10:04 | 夢日記

テーマパーク

【睡眠状況】
0時→8時

【夢日記】
テーマパークっぽい場所にいる。
いろいろ巡ったけどあまり覚えていない。全体的に近未来チックだった気がする。

ホラーっぽい内装(でも鉄骨むき出し)の場所に行って
小さいポッドみたいなやつに乗った。
フラクタルっぽい図形がうにょんうにょんうごめいてるトンネルを進んでいく。
とても目に痛い色だった。

これから帰るところらしい。
俺の他に男が1人女が2人いて、見送りに来てくれたようだ。
いろいろ喋った(会話内容は覚えていない)けど、3人とも俺とかなり親しげだった。
これが……夢充ってやつか……

その時に気付いたけどテーマパークは山の上の方に建っているようで、
階層構造になっていて山全体が街になっている?と教えてもらった気がする。
道路の前まで出て、バスかなにかを待っているところで目が覚めた。

五感:視覚☆ 聴覚△ 触覚△ 味覚× 嗅覚×
ほか:思考○ 感情○
[PR]
by dreamvippen | 2009-11-28 09:38 | 夢日記

追われた

【睡眠状況】
23:30〜9:30

【夢日記】
数十人が円になって何か集会をしている。俺もその輪に入っていた。
真ん中には中学校のころの部活の顧問がいて、場を取り仕切っていた。
やたら声が小さくて聞き取るのに苦労した。
ほかの誰かと一緒に鍵盤を弾くことを頼まれたが、
俺の担当パートが右手のメロディだけと簡単すぎて不満だったことを覚えている。

札幌の祖父母の家にいるようだ。
家族が全員いる、と思ったら兄貴だけいなかった。
2日後にここを出るらしいが、俺は予定を早めて明日に出発したいと思っていた。
理由は知らない。

博物館のような建物の中で猫の怪物に襲われていた。
非常口を破ったり窓から窓を伝ったりしてなんとか逃げおおせた。
窓から降りるときに追いつかれたが、手をぐいと引っ張って先に落とし、
着地のときに踏んづけて倒した。すごい叫び声だったと感じたが音自体は聞こえなかった。

その後2匹の猫が目の前でなにやら話し合っていた。
どこかで見たことのある風景と話の内容だったが思い出せない。
俺も話に参加していたがなかなか話が通じなくて苦労しているようだった。


最近夢は見るのになかなか思い出せなくて書けんかった
やっと調子が戻ってきたぜ

五感:視覚◎ 聴覚× 触覚× 味覚× 嗅覚×
ほか:思考○ 感情◎
[PR]
by dreamvippen | 2009-11-26 09:51 | 夢日記

しばりんぐ

【睡眠状況】
4時→4時半

【金縛り】
17時→22時半と一度寝ていたので大して眠くない状態。
布団の中でもぞもぞしていたら、頭の中で耳鳴り(なんか変な表現だけどこんな感じだった)が起こり始めた。
少しずつ強くなっていき、ある一定の強さになると1秒くらいそれが頭全体に広がる。
モノラルが急にステレオになる感じ。んである程度続くとすっと消えて行く。
それが何度も続いた。
ステレオ状態の耳鳴りはなんかこうふわふわっときて気持ちよかったので、
この耳鳴りを長い間頭の中に留めておけば離脱できるんじゃね?と思った。
ということで耳鳴りを逃がさないように頭に集中してみる。
何度かやってるうちにステレオ状態の持続時間が長くなってきた。

気がついたら視界が一瞬白くなって、目を閉じてるはずなのに回りの風景が見えた。
頭上に白い液体っぽいものがふわふわと浮かんでいたが金縛りだと分かっていたので気にしない。
浮け、と必死こいて念じたけど布団に包まれてる感が邪魔で動かなかった。
じゃあ無理やり体を起こすか、よっこらショット、とやったら金縛りが解けた。
もったいねぇ。

夢は見てない。
[PR]
by dreamvippen | 2009-11-17 09:06 | 金縛り

ゆりゆり

【睡眠状況】
15時→23時

【夢日記】
百合漫画読んでた。
メガネっ子が髪の長い子におっぱいもまれて怒ってる場面は覚えてる。
ギャグマンガっぽい絵柄だった。

暗い場所で何かしてた。
その部屋から出ると、ホールに出た。ホール内ではオーケストラが何か演奏していた。
聞き覚えのある曲だった気がするけど覚えていない。
向こう側に扉が見えたので、オーケストラのど真ん中を横断して扉まで行った。
別に怒られなかった、というか俺の存在は感知されてないっぽかった。
扉を開けるとまた同じようなホールにオーケストラがいて、何か演奏している。
んでまた向こうに扉がある。
これを3回くらい繰り返したところで覚醒。

五感:視覚◎ 聴覚◎ 触覚△ 味覚× 嗅覚×
ほか:思考△ 感情×
[PR]
by dreamvippen | 2009-11-12 00:13 | 夢日記

魔法使い

【睡眠状況】
3時→14時半

【夢日記】
睡眠時間と夢の量は比例するねやっぱ
でも断片しか覚えてないので断片だけ書く

-------------------------------
学校っぽい場所で魔法を使って戦闘してた。俺は魔術書っぽいのを持っている。
普段は魔法を使えないんだけど、必要なときに魔術書に宿っている魔法の塊?を
引きずり出して、それを食べると一時的にその魔法を使えるとかいう設定らしかった。

相手(2人くらい?)から薄暗い教室に追い詰められたとき、
本を開いて魔法の塊を引きずり出して食った。
塊は緑色の光で、ちょっと暖かい。でも目には見えなかった。
なんというか、緑色だと分かってるけど視覚には現れないって感じ?
夢の処理能力不足なんだろうか。

そんでそれを食った俺は、窓の外を向いて人差し指をくいっくいっとやった。
空に見えている月の裏から小型の隕石が飛び出し、こちらに向かってくる。
(窓から見える風景は、辺り一面の荒野で月がやたら大きく、
 地平線に下1/3くらいが隠れていた。あれ?ここ地球じゃない?)
なんか俺が食ったのは隕石落とす魔法らしかった。メテオかよ。

それを見た相手は慌てて俺に掴みかかってきた。
そのせいでコントロールが狂ったのか、隕石はぎゅいんっと逆戻りして月にブチ当たった。
次の瞬間、月は半壊状態になってた。破片が飛び散っていく様は見えなかった。
あーあと思っていたら、月はなんかこう相手方にとってとても神聖なものらしく、
間接的とはいえ月ぶっ壊しちゃったどうしようあばばっばばっばと半狂乱になっていた。

ここで俺はこの部屋に追い詰められたときに既に魔法をかけていて、
(幻想なんとかって名前の魔法だって自分で言ってたけど忘れた)
それを解除すれば、この部屋に入ってからの出来事は全部なかったことになるらしい。
んでそれをやったら相手方がすごい喜んでたのを覚えているけどたぶんこのへんで意識切れた。

なにこれ俺の脳内恥ずかしい///
------------------------------------
↑の続きかもしれない。
学校の廊下を俺と誰かの2人で歩いている。
そいつは新作映画の公開があるか確かめる、と言って資料室っぽいところに入っていった。
1分くらいで出てきて新作なかったわー、と言っていた。

------------------------------------

五感:視覚☆ 聴覚× 触覚☆ 味覚× 嗅覚×
ほか:思考△ 感情△
[PR]
by dreamvippen | 2009-11-03 15:28 | 夢日記