<   2008年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

12/23夢日記

【睡眠状況】
23時半→9時半

【夢日記】
風呂に入ってたら窓からでかくて黒いクモがすっ飛んで来た。
そいつは俺の右腕にしばらくまとわりついた後
黒っぽい獣に変化して脱衣所の方に去っていった
それだけ

視覚○ 聴覚× 触覚○ 味覚- 嗅覚×
[PR]
by dreamvippen | 2008-12-23 13:07 | 夢日記

12/20夢日記

【睡眠状況】
21時→6時

【夢日記】
よく見てよく忘れた
広い部屋で誰かと長々と話していた気がする

思い出したので追記
ホテルのエントランスっぽいところで
天牌の三国さんにヒザ思いっきり蹴られて転げまわってた。
その後もフルボッコにされてた気がする。
昨日すっ転んでヒザ怪我したからかもしれない
[PR]
by dreamvippen | 2008-12-20 15:39 | 夢日記

12/18離脱

久々の離脱
短かったけど

【睡眠状況】
17時→0時
異常に眠かったので晩飯も食わずに寝た

【抜けるときの状況】
寝た時間からして当然だけど、夜中に目が覚めた。
携帯で現在時間をチェックして、
こんな時間に起きても仕方ねーなと思ってもう一度布団に潜った。
たっぷり7時間は寝てるわけなので、なかなか眠りに落ちることができない。
「あ、そういえばこんな時って離脱挑戦に最適じゃね?」とふっと思い出したので
「離脱したい離脱したい」とだけ考えてた。
そしたら視界がぐにゃっと曲がって金縛り。
視界は緑っぽく砂嵐気味で、人の顔らしきシルエットが映ってたけど無視。
けっこうキツめの金縛りだった。
無理やりローリングしようとしてもなかなか動かなかったが、
何度も見たアドバイスのひとつ「お前ここは初めてか?力抜けよ」を思い出して
一旦リラックスしてみると、だいぶ動きやすくなった。ほどなくしてすぽんと抜ける。

【離脱】
目を開けると、まだ布団を半分かぶった状態だった。最初から視界はMAX。
「なんだちくしょう、現実の体が動いただけじゃねーか」とがっかりして
頭まで布団をかぶってフテ寝しようとした。
が、「これもしも離脱だったらもったいなくね?」と思い直しがばっと布団から出た。
そのまま部屋からも出る。なぜか上半身は裸だったが気にせず。
今は夜中のはずなのに、廊下の窓から差し込む光は明るかった。
こりゃ離脱確定だwwwwwwっうぇwwっうぇwwwwwwと洗面所へダッシュ。

あんまり大声だともし現実だったらヤバイので
「パートナーいるー?」と小声で鏡に向かって問いかけた。
一呼吸置いたあとに、2階の方から「はーい」と太めの声が。
ktkr、と急いで洗面所から出ると、
2階へ続く階段からミニチュア朝青龍みたいなのが降りてきた。
そのミニピザは身長30cmくらい。それと顔が濃かった。

ミニピザ「か、ぶ」
俺「は?」
ミニピザ「か、ぶ」
俺「……」

話にならんしちょっと不気味だったので、そいつを無視して部屋に戻った。
上着をとり、部屋の鍵をかけて外へ向かう。
外に向かうときにはすでにさっきのミニピザはいなくなってた気がする。

このへんからちょっと明瞭ではなくなってきてたと思う。
外に出ると、筋向いの家に幼女とおっさん?がいるのを確認。
居間の壁をそっくり無くしたような形の家だった。外から丸見えっす。

さて、せっかく離脱したんだしなにか現実ではできないことやるか……
と思って俺が出た行動は幼女誘拐でした^^^^
家の中に押し入って、おっさんと遊んでる?幼女を抱きかかえる。
幼女はやけに元気よくて、うまく抱きかかえられなかったけど
おっさんに「幼女お借りしますね^^」と言ったらなぜかおとなしくなった。
おっさんは「どうぞどうぞ^^」みたいな態度だったと思う。

家を出て、幼女を抱きかかえたままそのへんを歩く。
……これからどうするんだ俺?と考えてたら、いきなり幼女がもらし始めた。
そのときに気付いたが幼女は下半身裸だった。
ちょおまwwwwwwwwwwと思ってたら、身体の感覚がなくなってきて目が覚めた。


うーんカオス
とりあえず離脱は起き抜けでだるいときに
「離脱してえ!!!」と思うだけで出来ることが分かった

パートナー探しは毎回やってるけどどうも失敗に終わるな
週一くらいで離脱できるようになったら
本スレにテンプレ投下しに行きたいとこだけどまだまだっすね
[PR]
by dreamvippen | 2008-12-18 00:55 | 体外離脱

12/17夢日記

【夢日記】
21時→5時くらい?→7時
よく寝ると夢が豊作だぜ

【夢日記】
家出をしてろくな金も持たないまま電車で東京に来た、という記憶を持って
寂れた感じの駅前に突っ立ってた。
家出もなにも俺1人暮らしなんだけどそこは置いておこう。
看板を見ると、「蟹名」「堺」という地名を見つけた。
そのへんから記憶曖昧

***************************

車に乗っている。
後ろ側の席の真ん中に座っていて、両隣には女の子がいた。
左側の子とは親しそうに話してたが右側の子には引かれ気味だった気がする。
その後視界が麻雀牌で埋め尽くされてなんだこれ、と思ったとこで夢終了。

視覚◎ 聴覚× 触覚× 味覚- 嗅覚×
[PR]
by dreamvippen | 2008-12-17 08:08 | 夢日記

12/16夢日記

【睡眠状況】
23時→6時→7時
早寝早起きでおっぱいいっぱい夢いっぱい!!!!!

【夢日記】
もう空は薄暗くなっていた。俺は下宿へ続く坂道を歩いている。
坂の途中のコンビニを横切るときに、
1.5Lのジュースが88%OFFで182円というPOPを見つけて
なぜか「なんてお得なんだ買うしかない」と思った。

商品棚の一部は店の外に出ていて、そこにジュースもあった。
そのジュースと他に少し何かを取って店の中に入ろうとしたら
店からばあさんが出てきてシャッターを閉めるところだった。
店の中がやけに暗かったので、ああこりゃもう閉店か、
と思って持っていた商品を元のところに戻した。

ばあさんがこちらに向かって何かぶつぶつ言っていたので
「……はい?」と聞き返すと、こちらに小さいカゴを渡してきて
「このカゴに入れておけば明日まで取り置きできるよ」みたいな事を言った。
お言葉に甘えてジュース一本をカゴにぶち込んでばあさんに預けた。
そのへんで意識ぶっとび。

*******************************

小学校の同窓会らしきものに参加している。場所は小学校の教室だった。
「○○の前に取った写真、モザイク必要ないと思ったので外しておきましたー!
 今から配りまーす!」
と前の方にいた幹事っぽい人が元気よく写真を配り始めた。
写真を受け取ると、俺は左下でうつ伏せに倒れた状態で写ってた。シュール。
写真の右側にはアザラシとシロクマが1匹ずついい笑顔で写っていて、
その左隣に今隣に座っている子が写っていた。

その子は写っていたシロクマが気に入らないらしく、半分笑いながら
「なんなのーこれー!?」と叫んでいた。
俺がそれに対して「えーシロクマかわいくね?」と言ったあたりで覚醒。
[PR]
by dreamvippen | 2008-12-16 10:05 | 夢日記

12/15夢日記

【睡眠状況】
4時→7時
4時間半寝るつもりが3時間で自然に目覚めてびっくり

【夢日記】
体育館のような場所で、誰だか分からんがおっさん?を待ってた。
なかなか来ないのでステージとフロアを行ったり来たりしてたが、
ステージの下の隙間に大量のGを見つけて気分が悪くなった。
いつの間にか横に居た親父が
「向こうの校舎で見たって人がいたからそのうち来るだろ」と言っていた。

フロアに腰を下ろすと、変な感触がした。下を見ると床から植物が生えている。
星型で真ん中が白っぽく、先端に行くにつれて青色になっている花が目に付いた。
一応避けて座ってみたが、こいつらは意思を持つように人の背中にもぐりこんでくる。
ウザいので結局立ったままおっさんを待っていた。

視界が一瞬飛んで、2chのスレを見ている状態になった。
画像のリンクをクリックすると大きな落とし穴の画像が出てきて、
そのリンクが貼ってあったレスに「○○人を見分けるため」と書いてあった。
それを見てなぜか不安になったところで目が覚めた。
[PR]
by dreamvippen | 2008-12-15 08:28 | 夢日記

12/14夢日記

【睡眠状況】
23時→18時
9時半、11時の二度のアラームも見事に寝たままストップだ。
俺はそんなに寝たいのか

【夢日記】
死ぬほど見たけど細かい部分覚えていない。覚えてる部分だけ箇条書き
・そのうちメール出さなきゃなー、と思っていた人からメールが来た
・車に乗ってどっかに出かけた
・博物館だか美術館を見た

一旦目が覚めて、もう外が暗くなってることを確認してから(体は動かさず)
まだ起き上がりたくないと思ってもう一回寝たら、明晰夢に入った。たぶん。
今見ているものを夢と認識して自由にストーリーいじる事ができてた。
おーすげーと思ったことや妙に周りがすっきりしてた事ぐらいしか覚えてないけど。
なんかこう周りに空気がないというかもやもやしたものがないというか、
すーっとしてたんだよな
離脱に持ってけばよかったのにもったいねー
[PR]
by dreamvippen | 2008-12-15 02:09 | 夢日記

12/7夢日記

【睡眠状況】
8時半→16時

【夢日記】
大学の構内にあるマンション?に入居した。
今住んでる下宿を引き払ってないままだったので家賃どうしよ、と本気で焦ってた。
友達にそのことを話したら「お前、あそこに入ったのか…」と
呆れるような哀れむような表情で言われた。
なんかいわくつき?というか評判がよくないらしかった。
講義から帰ってきて部屋でなんかしてたところで意識が飛んだ

**************

微妙に見覚えのある街中を歩いてた。
しばらく歩いているとなんとなく急ぎたくなったので走りはじめた。
気がつくと街から少し外れた牧場っぽいところにいた。
牧場内のなだらかな坂道を歩いていると、
坂道がどんどん急になっていくことに気付いた。
それでも進んでいくと角度がほぼ90度になってて、
俺はいつの間にか設置されていたロープに捕まりつつ登った。

やっと頂上に顔を出したら、この牧場の経営主?っぽいおっさんが近づいてきた。
「あんた体重何キロ?」
「66くらいですけど」
「ああ、じゃあだめだ。すまんが降りてくれ」
このとき気付いたが、頂上のへりの部分はなんかぺらぺらしてて今にも外れそうな
カバー?がかかっていた。うーんうまく説明できねえ。
一定の体重以上だとそれが壊れるか落ちるかしてしまうらしい。
落ちるのはやなので大人しく降りようとしたところで覚醒。

視覚☆ 聴覚× 触覚○ 味覚- 嗅覚×
[PR]
by dreamvippen | 2008-12-07 17:05 | 夢日記

12/4

【睡眠状況】
3時→8時→9時

【夢日記】
すっげーおもしれー夢見てたはずなのに起きた途端吹っ飛んだ!!!
ああああどちくしょう
[PR]
by dreamvippen | 2008-12-04 11:54 | 夢日記

11/3夢日記

【睡眠状況】
2時→8時→11時
布団入ってしばらく寝れなかったので
軽く音楽聴いた後にBoxedNirvana2聴きながら寝た。
これ聴きながら寝るとよく眠れるんだけど何故か朝起きられなくなる

【夢日記】
えらい長かったので一部省略

陽が沈みかけてる頃に、自転車で海岸へ向かった。
俺以外に2人いたが、1人は誰だか分からなかった。もう1人は友人T。
石造りの道路をチャリで飛ばしていくと、道路のど真ん中に車が止まっていた。
道を完全にふさいでいたので、チャリから降りて車が退くのを待った。

しばらくして車が走り出すと、道路に面した家から親戚のおばさんがでてきた。
どうもこんちはー、と挨拶をすると、こちらの顔をじっと見つめてきた。
暗くて俺の顔がよく見えないらしい。
おばさんはしばらく考えた後、「……群馬の子かい?」と聞いてきた。
「違う違う、山形の」
「ああ○○(俺の名前)か、これから海岸行くの?」
「うん、貝集めてくる」
「暗いから気をつけなさいよ、早めに切り上げて帰りなさい」
「うはwwwwwおkwwwwwwww」
おばさんに手を振りつつ海岸の方へとチャリを飛ばした。

海岸には子供が妙にたくさんいた。保護者らしき大人は見えない。
砂浜はなく、石造りの浅いプールがたくさん並んでいた。
プールの中には白っぽい布みたいなのが浮かんでいる。クラゲ?

誰だか分からなかった方の同行者がチャリのまま海に突っ込んだ。
俺はその時「チャリは海に浮かぶもんだ」という確信があったので
その行為に驚きはしなかったが、
10秒くらい経ってもそいつが浮かんでこないので「…あれ?」と思った。
周囲に居た子供達が笑っている。なんだか悪意のある笑い方だった。

これはおかしいな、と俺もチャリのまま海に突っ込む。
見事に沈んだ。
チャリって浮かぶもんじゃなかったのかwwwwwww
これは沈むwwwwwやべえwwwwwwwwwと思っていたら意識が途切れた。

この後にパソコンのウイルスがどうたらこうたらって話があったけど
よく覚えてないので省略。

視覚◎ 聴覚× 触覚○ 味覚- 嗅覚×
[PR]
by dreamvippen | 2008-12-03 14:59 | 夢日記