<   2008年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

10/25夢日記

清書すんのめんどくなった
メモそのままなので見苦しいのは勘弁してくだしあ><

【睡眠状況】
1時→13時半

【夢日記】
明晰夢見たけどその後に夢見すぎて忘れた
自由に動けた感触や手を見て安定させたことを覚えている

また旅行っぽい
トラ?ライオン?をアパートっぽいところの3階に見つける
降りてきたのでびびって逃げた
フェンスの上に登ったけどついてくる
結局追いつかれたけど、顔舐めてきたりと人懐っこかった
で、フェンス越しにそのライオンから肉のない骨を渡されて
これになにかを付けて持ってきてくれないかと頼まれる
ライオンはなんか死にそうだった、その状態を見て請け負った
水でもなんでもいい、でもあなたの腕の肉はだめだといわれた
あとフルーツ類もあまり好きじゃないと言われた気がする(ある特定のものだけ?)
ホテルに戻って探す、全速力でらせん階段を登る
いろいろ探したけど見つからず
一階に売店?スーパー?があったのでそこで見る
固めのオレンジを持っていくことに
さっきの場所に戻ろうとすると、2人くらいが俺のところまで走ってきて
「もうライオンはいなくなったよ」と悲しそうな声で言った
あの場所から離れたという意味でなく、死んでしまった、という感じだった
それを聞いた俺は黙って走り出した
涙がじわじわと溢れてきて視界がにじむ、非常に悲しい気持ちになった
さっきのフェンスについたが、ライオンは影も形もなかった
そのへんで覚醒

視覚☆ 聴覚○ 触覚◎ 味覚× 嗅覚○ 感情◎
[PR]
by dreamvippen | 2008-10-25 13:42 | 夢日記

10/24夢日記

【睡眠状況】
3時→11時半

【夢日記】
長かったけど大分忘れちった

修学旅行かなにか
人一人入れるくらいの穴に飛び込んだ→一番乗り
気がついたらそこはどこかの田舎
先に着いていたらしい4人組みが三脚使って近くにあった神社の写真撮ってた

宿泊する建物に入る
俺の部屋は階段上がってすぐの押入れ並に狭い部屋だった ひどい
この後いろいろあったけど忘れた

友達と二人で学校に行く道を歩いている
俺は歩きで友達はチャリ
途中に見慣れない道があったので、こっちきっと近道だぜ!とその道を進んだ
その道はとても雪が深く、最初は人が通った跡があり通りやすかったが
途中で人が通った跡はなくなっていた
友達からなにが近道だよバカ、と非難されたが
引き換えすのも面倒なので深い雪の中を無理矢理横断した
そのへんで覚醒

視覚◎ 触覚○ 聴覚× 嗅覚× 味覚-
[PR]
by dreamvippen | 2008-10-24 13:32 | 夢日記

10/22夢日記

【睡眠状況】
3時→8時

【夢日記】
またパン屋の夢を見た。俺どんだけパン食いたいんだよ。
通常の3倍くらいの太さのバゲットが置いてあったのを見た。
あと人がけっこう多かった。
高校のとき同じクラスだった人と会って何か話した気がする。

視覚○ 聴覚× 触覚× 味覚- 嗅覚×
[PR]
by dreamvippen | 2008-10-22 11:05 | 夢日記

10/21夢日記

【睡眠状況】
0時→8時

【夢日記】
ムツゴロウさんと二人で麻雀してた。
六六七七七八八 西ポン 二三四チー
この状態でテンパイしたけど、次順ムツゴロウさんが南カン→嶺上開花で和了った。
南カンしてるのにドラ表示牌が南だった気がする。

視覚○ 聴覚× 触覚○ 味覚- 嗅覚-
[PR]
by dreamvippen | 2008-10-21 08:45 | 夢日記

10/20夢日記

下書き状態でメモしといて忘れてた

【睡眠状況】
忘れた

【夢日記】
家族でデパートっぽいところに来ているようだ。
今から帰るところらしい。
ぼーっとしてると妹だったか母親だったかに「パン買わないの?」と言われ
このデパートにはうまいパン屋があったことを思い出した。
すぐ買ってくるから待っててくれ、と言い上階へ向かうエスカレータに乗った。
俺の隣で話を聞いていたはずの兄貴は既に2階に到着してた。速すぎ。

上階に着いてマップを見てみたが、パン屋らしき表示は見つからない。
あれ?と思い一本道の通路を小走りで進んで行くと、
フランスパンが数本入ったかごを持ったおばさんがいた。
「すいません、パン屋ってどこですか?」と聞くと、
「私の名前はサイトウですが知ってますか?」と逆に聞かれた。
何言ってんのこの人。
このおばさんはパン屋で、名前を知ってる常連じゃないと売ってくれないらしい。
どんだけだし。
そこの角に普通のパン屋あるよ、と言われたのでそっちに行った。

薄い金属質のドアを開けて入るとそこは安っぽいカーペット敷きで8畳くらいの狭さ。
なんかパン屋というよりロッカールームっぽい。
店内にはおばちゃんと子供を連れた若奥様がいる。
土足じゃだめなようなので靴を脱いだら靴下も一緒に脱げた。

パンくだしあ><とおばちゃんに言うと、
奥に配置してあった薄汚い靴箱のようなところからパンを出してきた。
食欲なくさせるのがうまいパン屋だなあ。
ベーコンエピ2つとなんだっけ、あのパンにフランクフルト挟んだやつを1つ取った。

会計は400円。
懐から財布を出そうとすると急に鼻血が出た。
慌てて鼻を手で押さえたけど数滴床に落ちちゃった。
やけに彩度の高い赤色でした。赤黒くなくて絵の具っぽい。
おばちゃんは無反応。
近くにあった箱からティッシュを取って鼻を押さえたところで目が覚めた。
そういや兄貴とすれ違わなかったけどどこ行ったんだ

視覚☆ 聴覚○ 触覚☆ 味覚- 嗅覚○
[PR]
by dreamvippen | 2008-10-20 12:45 | 夢日記

10/19夢日記

【睡眠状況】
3時→13時

【夢日記】
何か知らんが誰かから呪いをかけられていて、
その呪いを解くカギは俺が持ってるビデオに隠されているらしい。
かけられた呪いが発動するまでもう時間がないので、とりあえずビデオを再生したら
どっかの廃墟らしきところの古い階段を登ってる映像が映った。
横に居た人からここは関係ないから飛ばせ、と言われたので飛ばす。

俺は横に居た人にビデオの操作を任せて呪いについて考えていたが、
何かの気配を感じて後ろを見るとドアの隙間から緑色のヘビが5~6匹出てきた。
このヘビを見て納得したけど何について納得したのか覚えていない。
テーブルの上に逃げたけど股のらへん噛まれた。
そのへんで覚醒

視覚◎ 聴覚× 触覚× 味覚- 嗅覚×
[PR]
by dreamvippen | 2008-10-19 21:52 | 夢日記

10/16夢日記

【睡眠状況】
0時半→8時→12時半

【夢日記】
長すぎて書くのめんどくせ

地図見てたら山形県の南の方に函館って地名があった
学祭っぽいとこに来てる
チャリが見つからない
追いかけられる

視覚☆ 聴覚◎ 触覚◎ 味覚× 嗅覚×
[PR]
by dreamvippen | 2008-10-16 16:01 | 夢日記

10/13夢日記

【睡眠状況】
3時→13時半

【夢日記】
友達の家と全く同じ間取りの家に住んでいる。
何かに追われてて引っ越したとかそんな設定らしいがあまり覚えてない
居間に布団が敷きつめてあって、兄貴を除く家族全員そこで寝ているようだ。
何故か兄貴一人だけ奥の部屋。入ってみるとでかいテレビと学習机があった。
で、兄貴と何か話してるうちに誰かが部屋に入ってきた。
俺と兄貴の顔を足して2で割ってもっかい兄貴の顔を足したような顔だった。
夢の中ではそいつを弟と認識していたがこんな子知りません><

2階に登ってみようと階段を覗いてみたら2階から変なオーラが出てたのでやめた
その後なにかあった気がするけど覚えてない

居間の布団の中で目覚めた。外からカーテン越しに光が入ってきている。
起き上がって回りを確認すると、家族はまだ全員寝ていたので
「まだ寝てるのか」と心の中で呟いたら一斉にがばっと起き出してきてびびった。
奥の部屋への引き戸が少しだけ開いているのに気付き、中を覗いてみると
窓から光が入ってきているはずなのに妙に薄暗かった。
それを変に思ってもっとよく見ようと布団から出たところで覚醒

視覚◎ 聴覚△ 触覚× 味覚- 嗅覚×
[PR]
by dreamvippen | 2008-10-13 18:17 | 夢日記

10/9夢日記

【睡眠状況】
21時→0時20分→5時→8時

【夢日記】
1.
吹き抜けで上も下もどこまで続いてるか分からないような空間にいる。
奇妙な足場が階段状に設置してあった。
マリオによくあるキノコっぽい足場に太めの針金ぐるぐる巻いて
中のキノコを抜いたような感じ。うまく説明できねえ。
あとその足場の上にはぼろぼろの新聞紙も乗ってた気がする。

俺の後ろから兄貴が出てきて、華麗なスキップで足場を踏み進めていく。
滑って落ちそうな勢いだなあ、と思って見ていると、
10mくらい先で鈍い音がして兄貴は視界から消えた。
落ちたかと思ったらぎりぎりで足場にしがみついてた。
背中を強打したらしく涙目だった。

ある程度降りていくと街があった。なんかやけに白い街。
雪が降っているわけでも建物の色が白いわけでもなく、
ただなにか白いという印象を持たせる街だった。
兄貴によるとこの街で俺達が持っている手紙を配達するらしい。
俺と兄貴は郵便配達員で、別に一緒に仕事をしているわけではなく
たまたま荷物の配達先がこの街で同じだったので同行していたようだ。

で、その街に入ろうとすると数人が建物から出てきてこちらを睨んでいる。
よそものは殺すとかなんとか物騒な街のようだ。配達しにきたのにひどい。
どうしたもんかと悩んでいると、いつの間にか手元に手紙があった。
なぜか配達するやつとは別のものだと分かったのでそれを開けて読んでみると、
ここから西の方に街の人では太刀打ちできない魔物がいるから
そっちの道を通れば安全、というようなことが書かれていた。
まじっすか、じゃあそっち行くか、と歩き始めたところで覚醒

通るのはいいけど配達放棄かよ。
視覚◎ 聴覚× 触覚× 味覚× 嗅覚×

2.
どっかのホールでエレクトーンのコンテストを見ている。
曲が全て終わった後に先生が壇上から降りてきて、
俺に何か弾いてくれ、と言ってきた。
ゲストみたいな扱いのようだ。よし任せろ、と楽譜を持ってエレクトーンに座る。
楽譜を開いて弾く予定だった曲を探したが、その曲のページがなかなか見つからない。
ぱらぱらとページをめくっていき、
あった、と思って手を止めてもいつの間にか違うページになっている。
それを何度も繰り返しているうちに、周りがざわついてきた。
何やってんだ?とかそんな感じで。
俺は焦りまくり、狂ったようにページをめくっていくが
何故かお目当てのページは出てこない。
もうこうなったら楽譜なしで弾くしかない、と楽譜を閉じ鍵盤に手を置くが、
もはや頭が真っ白で出だしすら忘れてしまっていた。
完璧にテンパっている俺に先生が何か言ったところで覚醒。

すっげー嫌な夢でした
視覚○ 聴覚△ 触覚○ 味覚× 嗅覚×

3.
同じくホールのようなところでコンサートを見ている。
中学時代の友達の弟が、監獄ロックみたいなニュアンスで定時ロック、
と言っていたのが記憶に残っている

どんなロックだよ。
視覚△ 聴覚△ 触覚× 味覚× 嗅覚×
[PR]
by dreamvippen | 2008-10-10 00:10 | 夢日記

10/8夢日記

【睡眠状況】
0時→10時半

【夢日記】
友達の家に勉強かなにかをしに行く夢
異常なほど広くて綺麗な家だった。天井高い。

勉強がひと段落して暇だったので部屋を漁ったら
Best of SagaとかいうPS2のソフト(でもパッケージはPSのものだった)を発見。
GBからPSまでのサガシリーズが全部詰まったソフトらしい。買いてえ。

帰る途中で、何かを忘れてきたことに気付いたところで覚醒

視覚☆ 触覚○ 聴覚× 嗅覚× 味覚-
[PR]
by dreamvippen | 2008-10-08 13:57 | 夢日記