<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

9/28夢日記

【睡眠状況】
2時→8時半

【夢日記】
実家の兄貴の部屋で奇妙な紙を見つけた。
中には一見意味不明なことが書いてあったが、
読んでいくうちに変則的な縦読みであることに気付いた。
読んで非常に悲しい気持ちになったのは覚えてるけど内容は忘れた
[PR]
by dreamvippen | 2008-09-28 10:20 | 夢日記

9/27夢日記

【睡眠状況】
1時→11時半

【夢日記】
体育館のようなところでひたすらダンスを踊ってる夢だった
何かストーリーがあった気がするけど覚えていない
[PR]
by dreamvippen | 2008-09-27 11:47 | 夢日記

女体化ホテル

【睡眠状況】
2時→6時半→9時→11時

【夢日記】
ホテルの一角の、風呂場っぽいタイルが敷き詰めてある小さな部屋にいる。
廊下に面した部分にドアはなく、薄いカーテンしかなかった。
俺は何故か女体化してた。外見はよく分からなかったが長髪で20くらいの女の子になってた気がする。
部屋の中には、俺の他にバスタオルを巻いたちょっと褐色系の女の子がいる。
今からこの子とパヤパヤする予定だったらしいが、部屋に忘れ物をしたことを思い出し取りに行った。

戻ってきてカーテンを開けると、女の子の姿はなく部屋は血まみれになっていた。
そこで俺は今何者かに追われているんだった、ということを思い出す。
急いで下の階に降りると、銃で武装した従業員が徘徊している。
顔はまだ割れていないようなので、平静を装ってゆっくり歩き、出口へ向かった。
ここで走ったら逃げていると確実にバレる、と相当ビビってた記憶がある。

外に出ると、仲間らしきやつらがごっつい車で迎えに来ていた。
急いで車に乗り込み、左手に見える山に向かって走り出した。
このあたりで既に女体化は解けてた気がする。

追っ手は生身で走りながら車についてきていたので、
「このままじゃやばい、2手に別れよう」と誰かが提案した。
それに賛成すると、さっそく車から放り出され「山の中へ向かって走れ!」と言われた。囮かよ。

生身で車並みのスピード出すやつから逃げられるわけもなく、速攻で捕まってぶち殺された。
……と思ったら、懐から何かを奪われただけだった。
それがすげー大事なものだったらしく、後ろから来た仲間がすごい勢いでそいつを追っていった。
そんな大事なもん俺に渡しておくなよ。

途中からレースゲームっぽい画面になって色々カオスだったので割愛
最後にゴール直前で追いついた気がするけどよく覚えてない


女体化パートもっと長くしろ!!!!!!!11111
[PR]
by dreamvippen | 2008-09-21 20:02 | 夢日記

わお

【睡眠状況】
0時→6時半→8時半

【夢日記】
細かい部分は忘れました><
3~4人くらいで輪になって話している場面で、「あれ?これって夢じゃね?」と唐突に気が付いた。
輪から外れて2~3歩歩いてみると、視界がぐらぐらして今にも起きそうだったので
「これは無理だな」と思い、考えるのをやめると
夢はそのまま何事もなかったかのように進行していった
[PR]
by dreamvippen | 2008-09-18 13:09 | 夢日記

ひゃほー

帰省中で書くの忘れてました^^^^
メモはとっといたのでメモ丸写ししよう。最高に支離滅裂だけどいいや

・8/31
マック モス ラーメン食おうと街へ
2階建てのモス、チャリ止める
店員に呼び止められる?
月、日は入れるかと聞かれる バイト
なんか公園へ
半分地面が抜け落ちる。爺さんの誘導で助かる、爺さん大活躍
何か黒いのが現れる
パチンコの要領で頭に直撃
倒せなくて近くにいた夷取りがノドに手刺されて死亡
外に出ようとすると反応して超スピード "数字"がどうたらこうたら
黒いのはおっさん?っぽい ひげもじゃ

・9/1
透明化の魔法? 4人、部屋
隣から壁抜けしてくる2人
壁にめり込んで逃げようとするが間に合わず。何か文句言われる
修行? どっかの道 走ってる

・9/?
大学の構内でエレベーターを待っている かなり焦ってた
五千円札がなかなか投入口に入らない
必死になって入れようとしていたら息子の根本から妙な感覚が昇ってきた
その感覚が先端に達したところで起きた
起きたら夢精してたしにたい

・9/15
お菓子 やたら長いうまい棒
修学旅行? 迷路みたいな建物を見学
知り合いが高い場所で端末を操作 周りは木っぽい
スライド 間違い U先生「ピクチャー工学Ⅰの教科書から貼り付けて済ませた」
集合時間ギリギリで買いに行った
事件? いろんな部屋、牢屋らしい
[PR]
by dreamvippen | 2008-09-15 22:35 | 夢日記