カテゴリ:体外離脱( 6 )

12/18離脱

久々の離脱
短かったけど

【睡眠状況】
17時→0時
異常に眠かったので晩飯も食わずに寝た

【抜けるときの状況】
寝た時間からして当然だけど、夜中に目が覚めた。
携帯で現在時間をチェックして、
こんな時間に起きても仕方ねーなと思ってもう一度布団に潜った。
たっぷり7時間は寝てるわけなので、なかなか眠りに落ちることができない。
「あ、そういえばこんな時って離脱挑戦に最適じゃね?」とふっと思い出したので
「離脱したい離脱したい」とだけ考えてた。
そしたら視界がぐにゃっと曲がって金縛り。
視界は緑っぽく砂嵐気味で、人の顔らしきシルエットが映ってたけど無視。
けっこうキツめの金縛りだった。
無理やりローリングしようとしてもなかなか動かなかったが、
何度も見たアドバイスのひとつ「お前ここは初めてか?力抜けよ」を思い出して
一旦リラックスしてみると、だいぶ動きやすくなった。ほどなくしてすぽんと抜ける。

【離脱】
目を開けると、まだ布団を半分かぶった状態だった。最初から視界はMAX。
「なんだちくしょう、現実の体が動いただけじゃねーか」とがっかりして
頭まで布団をかぶってフテ寝しようとした。
が、「これもしも離脱だったらもったいなくね?」と思い直しがばっと布団から出た。
そのまま部屋からも出る。なぜか上半身は裸だったが気にせず。
今は夜中のはずなのに、廊下の窓から差し込む光は明るかった。
こりゃ離脱確定だwwwwwwっうぇwwっうぇwwwwwwと洗面所へダッシュ。

あんまり大声だともし現実だったらヤバイので
「パートナーいるー?」と小声で鏡に向かって問いかけた。
一呼吸置いたあとに、2階の方から「はーい」と太めの声が。
ktkr、と急いで洗面所から出ると、
2階へ続く階段からミニチュア朝青龍みたいなのが降りてきた。
そのミニピザは身長30cmくらい。それと顔が濃かった。

ミニピザ「か、ぶ」
俺「は?」
ミニピザ「か、ぶ」
俺「……」

話にならんしちょっと不気味だったので、そいつを無視して部屋に戻った。
上着をとり、部屋の鍵をかけて外へ向かう。
外に向かうときにはすでにさっきのミニピザはいなくなってた気がする。

このへんからちょっと明瞭ではなくなってきてたと思う。
外に出ると、筋向いの家に幼女とおっさん?がいるのを確認。
居間の壁をそっくり無くしたような形の家だった。外から丸見えっす。

さて、せっかく離脱したんだしなにか現実ではできないことやるか……
と思って俺が出た行動は幼女誘拐でした^^^^
家の中に押し入って、おっさんと遊んでる?幼女を抱きかかえる。
幼女はやけに元気よくて、うまく抱きかかえられなかったけど
おっさんに「幼女お借りしますね^^」と言ったらなぜかおとなしくなった。
おっさんは「どうぞどうぞ^^」みたいな態度だったと思う。

家を出て、幼女を抱きかかえたままそのへんを歩く。
……これからどうするんだ俺?と考えてたら、いきなり幼女がもらし始めた。
そのときに気付いたが幼女は下半身裸だった。
ちょおまwwwwwwwwwwと思ってたら、身体の感覚がなくなってきて目が覚めた。


うーんカオス
とりあえず離脱は起き抜けでだるいときに
「離脱してえ!!!」と思うだけで出来ることが分かった

パートナー探しは毎回やってるけどどうも失敗に終わるな
週一くらいで離脱できるようになったら
本スレにテンプレ投下しに行きたいとこだけどまだまだっすね
[PR]
by dreamvippen | 2008-12-18 00:55 | 体外離脱

初まともな離脱

【睡眠状況】
1時半→6時→6時40分→7時20分→?→10時半
6:40、7:20、8:00というアラームをかけておいた。
7:20のアラームが鳴った時点でマナーモードへ変更して寝た。

【離脱日記】
夢から覚めたときに、曲のフレーズをひとつ覚えていた。たぶん夢の中で流れていたもの。
そのフレーズがいい感じだったので、起き上がったときに忘れないようこのまま反復しよう、と思った。
んで頭の中でそのフレーズを繰り返し鳴らしていたら、どんどん音が大きくなっていく。
あれこれ耳元で普通になってるんじゃね?と思えるくらいになったとき、金縛りにかかってた。
金縛ってる間にドラムの音はフィルターがかかったような感じになっていき、さらに低音が響くようになった。
腹筋で行くかな、と思ったが、これだと実際の体も動いてしまいそうな予感がしたので
やっぱローリングで行こう、と右半身を傾けた。
そしたら右半身からぬるり、すぽん、とそのまま回転せずに抜けた。

視界はなかったので、布団の脇に立って何度かジャンプしてみた。
地面に着くまで大分かかるし、天井に頭もぶつけないのでここは名倉だと確信。
視界が回復するのを待ちきれずにドアに手をかけ、ばっと廊下に出るとさっと視界が回復した。
下宿の間取りは現実のものと少し違っている。玄関があるはずのところに部屋のドアがあり、
窓があるところに薄いガラスの張ってあるドアがついていた。

真っ先に洗面所に駆け込む。
鏡に向かって「パートナーいるー?」と呼びかけたが、返事はなかった。
鏡に映る自分の顔は、鼻から口あたりが変に捻じ曲がってた。他に変なものは映っていない。
もう一度呼びかけると、左から小さい声が聞こえて鏡が曇っていった。手で拭おうとしても曇りは取れない。
なぜか嫌な予感がしたので、チェックするつもりだった浴室をスルーして外に出た。

外に出ると、それなりに人がいた気がする。ちょっとこのへん曖昧なんだよな。
道路のセンターラインがやたら白かったのを覚えている。

家の前の通りを走って下っている途中、
「戻されると思ったら戻されるんだよな、注意しなきゃ」と思った。
「……やっべ、今のって戻されるって思ったことにならないよな?」と声に出して言うと、
一瞬視界が明滅してよろけた。それ以降戻されるような気配はなかった。

やっぱりパートナーは発見しておいた方がいいよなあ、と思い
大学前の下り坂を走りながら「パートナーいるー!?」と叫んだ。
空の上から「いるよー」という声が聞こえた。すごく遠くから聞こえてくる感じ。
この一声で俺はもうすっかり興奮してしまった。
「そんなら降りてきてー!!」
「いいよー」

突然、さっきまで見ていた風景は全部崩れてうやむやになってしまった。
俺はすごいスピードで空を飛んでいて、たまに前方から飛んでくる隕石のような物体にぶつかりそうになる。
上も下も赤黒い渦がまいていて、どこをどう飛んでるのかも分からなかった。
パートナー呼んだだけなのになぜこんなことに、と思った。

いつの間にか自室に戻ってきていて、布団を見ていた。
自室に立っている、という感覚ではなくどこか別のところから自室の映像を見ているイメージ。
布団の上には微妙にズレてるモナーらしきAAが浮かんでいる。
その横に「おかず**」と書いてあったのを見るとフェードアウトした。

視界が暗くなって目が覚めたと感じた。
まだ少しふわふわしていて、もう一度行けそうな感覚があったが
二度寝に二度寝を重ねたため、今何時かを確認したくてがばっと起きた。

どう見ても遅刻です、本当にありがとうございました。
このまま急いで行くと、せっかくの離脱体験を忘れそうだと思ったので
ぎりぎり間に合いそうな2限目をサボって必死に内容メモった俺はうんこ。


いやー、諦めた頃に出来るって本当だったんだな。
やっと離脱らしい離脱ができて俺歓喜。
いつもは超短期でかつ実感が薄かったからなぁ。

俺は普段寝るとき、ドアに足を向けて寝てる。
右半身からそのままぬるりと抜けたとしたら、ドアから出るのに布団またがないといけないのに
今回は起き上がってすぐ後ろにドアがあった。
最初に起きたと感じたところは偽りの目覚めだったのかもしれない。

あとパートナーの声がいまいちはっきり思い出せない。
印象が薄いというか色んな意味で透き通った声だったんだよなー。
少なくともガチムチ男ではないだろう。たぶん。

引き続き離脱できるといいな。
つーかもう遅刻するとか考えずにコンティニューしとけばよかった。
[PR]
by dreamvippen | 2008-05-29 13:39 | 体外離脱

離脱?

離脱した。
と書きたいんだが、夢の中の出来事だったのか現実だったのか分からん。
金縛りの感覚は前回と同じだったし、ローリングの感覚もあった。
だけどその後にキマったらしい偽りの目覚め連続コンボで記憶が大分飛んでしまった上に
目が覚めて起きあがった後、今ここが現実なのか夢なのか状態になってた。

って書くと聞こえはいいけど単に寝ぼけてただけかもしれんね。
とりあえず覚えてること書いていく。
つってもあんま覚えてないけど。

続きを読む
[PR]
by dreamvippen | 2007-09-09 17:05 | 体外離脱

ちょっと気になったこと

タイトルの通り。
俺は当たり前のように思っていたけど、
これは俺だけなのか万人共通なのか気になったこと。


・触覚ってすごくイメージしやすくね?
ペン持ったときの感覚とか、駅の階段の冷たい手すりを握った感覚とか
ドアノブに手をかけて、開けるときの感覚とか。
俺はかなり詳細にイメージできる。思い起こす、って言った方が正しいか。
視覚イメージをするときには、まず触覚をイメージして、
そこから視覚イメージを作り出していく手法をとってる。

現実の体で感じる触覚は、離脱するときに弊害にしかならないけれど
虚構の触覚(幻触?)はイメージの助けになるんじゃなかろうか。
俺も触覚はイメージしやすいぜ!って人は、
視覚イメージをつくる時にそっちも併用した方がいいと思うよ。



あれ、ほかにもあったような気もするけど忘れちまった。

もしこれが誰でも意識してるような大前提だったらごめんだぜ。
そんなことに今更気付くとかだったら間抜けもいいとこだぜ。
[PR]
by dreamvippen | 2007-02-25 05:27 | 体外離脱

失敗いっぱい夢いっぱい

いい感じ、と思われるところまでは行ってる。気がする。

よし、次から失敗ってのはやめよう。モチベ下がる。
前兆っぽいのがだんだん強くなってきてるし
離脱に近づいてきてるに違いない。そう考えよう。


で、また検証してもいない勝手なイメージ法提唱してみる。
全身の光体イメージすんのが苦手、って人は
手だけ、浮かせてみればどうだろうか。
スタンドみたいな要領で。

具体的には、イメージの中で利き手だけを動かす。
鉛筆を取って、何かを書いたり。ドアの鍵を開けてみたり。
片手だけで出来る、ほんのちょっとだけ複雑な動作をイメージする。
もちろん片手だけなんだから、イメージは正確、精密に。

光体を意識してそこに意識を移す、っていうやりかたと
そんなに違わないと思う。"光体"ってのに特別な意味があるならまた別だけどな。

一部だけが抜けてそこからずるっと、っていう体験談は結構見てきたし
最初から一部分のみに集中してそこだけを引っ張り出して、
そこからずるずると抜けていく。っていうのが理想。

今起きたところで思いついた。今夜試してみる予定。


そして今日の夢日記。
最近、ひとつひとつの夢は細かく覚えられないんだが
数多くの夢を見たこと、そしてそれらの一部分は覚えてる。
なんか変わってんのかね。

・一つ目
親父と兄貴が居間にいる。
俺が「ウクレレとギターって(コードの押さえ方とか)同じようなもんだよな?」と聞く。
大爆笑される。

・二つ目
中学校だか高校にいた。
何をしたかはほとんど覚えていない。

・三つ目
トイレで小。
感触がやけにリアル。思わず飛び起きた。確認した。
……大丈夫だった。


最後だけやけに生々しかった。この歳で寝小便とかマジ勘弁。
[PR]
by dreamvippen | 2007-02-02 03:43 | 体外離脱

進展ktkr!!

【今回の挑戦環境】
姿勢    : 横向き
イメージ  : 無し
カフェイン : 無し


今日のはなかなか長いんで
長文うぜえって人は下をドラッグして今北産業どうぞ

Q.今北産業

A.幻覚幻聴っぽいものktkr
  離脱フラグバッキバキ
  だれか 考察 たのむ


どうも腹が痛かったんで、ノロウィルスじゃないことを祈りつつ夜の8:30頃に就寝。
そして1:30に起床。しばらくPCやってて、朝の6時頃に少しだけ寝ようと布団に入る。
離脱試みようかなと思ったが、どうせ9時頃には起こされてしまうので
なるべく多く睡眠取った方がいいや、と考えて寝る事に。

しばらく何も考えずに横になってて、気付いたら夢を見てた。
いつもの夢とは違ってて、「布団の中にいる自分が分かるのに夢を見ている」といった感じ。
自分で書いてて日本語でおkって言いたくなったけど
これが「まぶたの裏に現れる映像」ってやつか?

とりあえず、この夢(瞼裏の映像?)の内容書いとく。

町中の、割と急な坂道を車で走っていた。
同乗者は俺の他に2人ほど居た気がする。このへん曖昧。
幾つか見知った風景を見た気もするが、このへんも曖昧。

最後に見た風景が、一段と急な坂道で同乗者が車を降りて
「お前の家が燃えているぞ!」というような事を言っていた。
俺もいつの間にか車から降りていて
同乗者が声を荒げながら指さしている、坂道を登った先にある建物を見てみたが
特に燃えているような様子はなかった。

ここで、「初夢で、家が燃えているというのは何か起こる暗示なのか?」と考えた。
その瞬間視界が無くなる。夢から覚めたんだと感じた。
この時四肢の感覚は全くなかった。

その後すぐに、視界の奥の方から
目を閉じた時に出るもやもやみたいなものが出てきた。
そして数年前のSFCソフトで出てくるような、3Dの疑似モーフィングみたいな形で
次第に狂ったように笑う女の子の顔に変わっていった。
それはリアルな映像ではなく、MGS(初代しかやったことないけど)の通信画面みたいな感じ。

その女の子の顔が少しづつ増えて(分裂して?)いって、
小さくなった異常な数の顔が視界いっぱいに広がった。
それと同時に「ヒャーッハッハッハハハうぇyxtcりぃうsghjkl;」という、
非常に気味の悪い、甲高い笑い声が頭の中に響いた。

怖ぇ、と思ったがこのくらいは我慢。
少しして笑い声が終わると、女の子の顔の幻覚も消え去った。
それに代わるように、現実世界の視界が戻り、白い壁と木目の天井が見えた。

しかし俺は寝る時、布団を頭までかぶっていたはずだ。
なのに見えてる、ってことは離脱成功してるのか?と思っていると
顎から左頬のあたりを誰かに引っ張られた。
グイッと持ち上げられる感じ。

これは来た!と思ったんだが、早すぎるローリングで
折角のチャンスをフイにした、という書き込みを幾つも見てきたので
ローリングを躊躇っていると、その引っ張られる感覚が消え失せた。
この間5秒もなかったと思う。

あ、これはもうオワタ、と思ったが視界は未だそのまま。(布団かぶってるのに壁と天井が見える)
このまま起き上がればイケるかも?と思ってガバッと起き上がる。
手を確認したけど透けてたりってことはなかった。
そこは紛れもない現実でした\(^o^)/


どうなんだろ、これ。
あの幻聴と幻覚は今考えてみるとあまり現実味がなかった。
でも「見た」という事はしっかり憶えてる。
「幻聴と幻覚を経験した」という夢を見た、という解釈はちょっと後ろ向きか?

でもしばらく進歩がなかった俺にはいいモチベうpになった。
新年早々幸先がいいぜ。
今年中には離脱成功出来るかもしれん。……年始まったばっかりだけど。


幻聴幻覚の経験者とか沢山いるだろうから、どんな感じだったか教えてくれると嬉しいぜ
俺はこれっきりだから「幻聴と幻覚を経験した」って言い切る自信がない


長文でごめんよ
見辛い文章で更にごめんよ
[PR]
by dreamvippen | 2007-01-02 16:02 | 体外離脱