フカヒレうめぇ

【睡眠状況】
2時→8時半→11時半
あとどうでもいいけどオナ禁1週間継続中

【夢日記】
前半部分は忘れた

マンションの一室でばーちゃんがギターを弾いている。
すげえうまい。ばーちゃんかっけえ。
ひとしきり弾いたあとばーちゃんは風呂に入っていった。
置いてあったギターをとって適当に鳴らしていると、別の部屋にいた親父が
隣に響くからやめろと言ってきたのでやめた。

もうすぐここを出る時間だと言うことが分かっていたが、
まだ少し時間があったので壁にはめこまれているテレビを見ることにした。

連続テレビ小説っぽいのがやっている。
初めてみる番組だったが、今回で最終回のようだ。
森の中で登場人物達が何か話している。アングルが忙しなく切り替わっていた。
背景の森は解像度の悪いポリゴンっぽさ全開だった。
登場人物のひとりがこちらに向かって「最終回まで見てくれてありがとう」と言っていた。
俺これ初めて見たんですけど。
その次は空飛ぶじゅうたんに5人くらい乗っている場面。何故か真ん中にドナルドがいた。
ドナルドは生身じゃなくて風船みたいな質感だった。

画面の右下に、ザラついた表面の立方体が現れたと思ったら
徐々に人の顔の形に変わっていった。
んでその顔が何か喋ってたけど思い出せない。

あらすじは何かが平和的に解決してめでてえ、ってなって
主人公2人はどっかの無人島に行って暮らしてるよー^^
とかそんな感じだった。よく覚えてない。

で、場面が変わって一面の海を上空から見てる場面に。
真ん中あたりにサメのヒレが見える。
ヒレが沈んだと思ったらサメが画面に向かってすごい勢いで飛んできた。

場面転換。
主人公らしき男と女が必死に断崖を登っている。
下は海で、どでかいサメが待ち構えていた。
男がやっと崖を登りきりそうなそのとき、サメが大ジャンプして襲い掛かってきた。
男はぎりぎりで登りきってかわしたが、女はびびって足を滑らせた。
慌てて男が崖下を覗き込むと、
女は少し下の足場に落ちていて海には落ちていなかった。サメはまだ襲ってこない。
登りきれそうなギリギリのときを狙って襲って楽しんでるような節があった。

女は男に引っ張ってもらいなんとか崖を上りきった。
サメは崖に食らいついている。
2人は崖から離れ、サメに向かって何か叫びながら足元の砂を投げつけた。
すると、サメは目を見開いてびっくりしていた。
その見開き方が尋常じゃなく、サメというよりフクロウっぽい顔になっていた。
そのへんで覚醒。

カオスカオス
[PR]
by dreamvippen | 2008-08-09 15:06 | 夢日記
<< タイムリープ ヤフオク >>