カニ怖い

【睡眠状況】
0時半→7時半→11時
うっかり二度寝で見事に遅刻。


【夢日記】
前半の大部分は忘れた。覚えてるところから書く。

緑の溢れる丘に、レンガで組まれた小さな家がある。
そこのドアの前で、俺と同行者はその家の住人2人と揉めていた。
同行者は背の高い男で、無愛想な感じ。
住人は片方が女、もう片方はモフモフで背丈の低い生き物だった。
モリゾーに漂白剤ぶっかけたようなものを想像してもらえれば。

入り口のすぐ近くに、マリオであるようなブロックが3,4つ宙に浮いていて
その上の方に、どこかにワープするらしい何かがあった。外見は覚えていない。
こちらの要求はそのワープ装置を使わせろということだったが、
住人は拒否しているようだ。理由は分からない。

そのうち痺れを切らしたのか、同行者がむりやり家に押し入り、
ブロックを登りワープ装置に入っていった。
自分もむりやり突破して同行者の後を追おうと思ったが
それほどの力が自分にないことを分かっていたので諦めた。
このへんでなぜか自分が女の姿をしていることに気付く。

どちらにせよここを使わなければ目的地に行くことができないので
とりあえず住人を説得した。
「全く同じことを3回もするんだから2,3回目は省略した方が見る人が楽」
「ジャンプでもだいたいそんな感じじゃないか」
って俺が言ってた。超意味不明。
確か前半部分と関係していたような気がするけど思い出せね。

この説得が功を奏したのかなんだか知らんが
女の人は微妙に苦笑して道をあけてくれた。
モフモフの生き物はドア付近でぼよんぼよん跳ねてた。
お礼を言ってブロックを登り、ワープ装置に首を突っ込んだ。

どこか高いところに出た。
辺りを見回すと、そこらじゅうにマグマが噴出している。
ダンジョンの一角のようだ。俺は煙突のようなものの上に乗っていることに気付いた。

下を見ると、チョコボっぽい生き物や、やたらゴツいクリーチャーや
魔法使いっぽいローブを着たやつらがうじゃうじゃいた。
ここを降りなきゃならないようだ。今の状態で降りたら自殺もんじゃねこれ。
少しでも数を減らそうと、煙突の上から下のクリーチャーどもに向かって魔法を放つ。
こぶし大の火の玉が指先からいくつか飛んで行ったが、大したダメージはないようだ。
俺ここで死ぬんじゃね、と思ってたら煙突が傾いて倒れ始めた。

煙突は相当高いものだったらしく、倒れたおかげで
クリーチャーどもから少し離れたところに着地できた。
目の前に洞窟があったのでそっちへ向かって走った。

そっから少し記憶が飛ぶ。
ボロい橋を渡り、暗雲立ち込める城らしき建造物の中へ入っていったような。

部屋の中央にぬるぬるした赤黒いカニの化け物がいる。
暗くてよく見えないが下は水が流れているっぽい。
足場はボロい木で出来ていて、ところどころ腐っているようだ。
中央に広めの足場があり、四方には小さめの足場があった。
図で表すとこんな感じ。
f0118605_17584958.gif


カニの攻撃パターンは、
・すごいジャンプして背後に回る→ハサミで攻撃
・足をもいでブーメランみたいにブン投げてくる
・水の中へ入って、しばらくした後突然飛び上がって出てくる
こんな感じだった。

俺は武器を持ってなかったので、
ブン投げてきた足を壁にぶつけるなりして勢いを殺し
逆にそれをカニに投げつけてやることでダメージを与えられるようだった。
あとジャンプ力がすごいことになってた。

そのカニと戦ってる最中に覚醒。
[PR]
by dreamvippen | 2008-04-23 18:09 | 夢日記
<< 貞操の危機 すいか >>