人間やめましょう


【夢日記】
小4くらいまで住んでたアパートの階段によく似た場所にいる。
記憶よりかなり薄汚れててボロくなっていた。
あちこちに顔くらいの大きさの紙に絵画が描かれたものが吊るされていた。
階段を登っていきどこかの部屋に入った気がする。


プールに入って妹と競争していた。
距離は25mのプールだったので1往復分。普通に負けた。
プールサイドにはバーチャンがいた気がする。
しばらく泳いでないけど感覚はそれなりにリアルだった。


漫画を見ているような視界。
研究者っぽい白衣を着た2人の女の子(どう見てもロリ)が神妙な顔で話し合っている。それぞれA,Bとしておく。
この世界ではインプという悪魔を使って薬物の実験をやるのが普通らしい。
そんで今争ってる相手(国っぽいニュアンスだったけど国って単語は出てこなかった気がする)は
そのインプを使って異形の存在になるような実験を行っている?とかなんとか。
Bが「強さを求める余り人外にまでなっちゃったらどうしようもないだろjk」的な事を言うと、
Aが「生き残ることが大事なんだから勝つ為には形振り構ってられないだろjk」的な事を言ってた。
そんで言い争いになってAがBにつかみかかった所で実験用の浴槽?に2人が落ちてしまった。
浴槽と言っても深さは15cmもなくて、水じゃなくて白い泡で満たされているよく分からん代物。
その白い泡が割と危ないものらしく2人とも意識を失ってた。
Aが先に目覚めてBを揺り起こしたところで、Aが「私が間違ってたごめん」と言ってた。
意識を失ってる間に何かあった(その部分も見た気がするけど忘れてる...)らしい。
目を覚ましたBが「分かってくれてありがとう」とAに抱きついて、
Aが恥ずかしそうに抱きしめ返したところで目が覚めた。
A,Bの他に画面の手前にもう一人研究員っぽいのが転がってたけど誰だこいつ。

インプはドラクエ7に出てくるやつに似てた。
漫画の絵柄は背景の書き込み少なくて4コマにありそうな感じだった。
人物はぷにっとした感じでkawaii

【睡眠状況】
2:00→8:00

五感:視覚★ 聴覚△ 触覚◎ 味覚× 嗅覚×
ほか:思考◎ 感情○
[PR]
by dreamvippen | 2011-01-22 09:51 | 夢日記
<< フライング吊り革 ほほほほほホラー >>