ショタちゅっちゅ

f0118605_12163217.jpg


【夢日記】
林間学校ちっくな雰囲気の宿泊施設に泊まっている。
風呂に入ろうと脱衣所で服を脱いでるところだった。
風呂場はよくある薄青色のタイル張りだが、1人用の浴槽がいくつも連なってたり、
奥の方に行くにつれて階段状になってたりと不思議な構造をしていた。1段の高さはひざ下半分もなかったはず。
体を洗って、適当な1人用の浴槽に入っていたら、バスタオルを巻いた女の子が現れて何事か聞いてきた。
それに対して何か答えた気がする。それを聞いたら女の子は礼を言って去っていった。
浴槽が足りない?とかメモに書いてあるけどそんな場面は思い出せない。

場面飛んで宿泊施設から帰るところ。
帰る前に各々が使った部屋を掃除することになっていた。俺は自分の担当が終わって、他のを手伝っている。
2人と先生が薄暗い部屋(窓から光が差し込んでいたのが綺麗だった)で必死に片付けている。
集合時間に間に合わなくなるとかそんな理由だったような。
そんでその2人は自分の部屋の片付けがまだ終わっていない、ということが明らかになって
先生がキレかけていた(ちょっとここ曖昧)ので、俺が代わりにやっとくから早くここ済ませろ!と言って2人の部屋に向かった。

このとき、2人の名前を(部屋の場所の再確認の為)呼ぼうとしたが、1人の名前がなかなか思い出せなかった。
あれ?と思って考え込んでいると、不思議そうな顔をしてこっちを見ているそいつの胸に名札があることに気づき、その名前を呼んでから部屋を出た。
2人とも小学校時代の同級生だった。小学生の姿のまま。確認はしてないが俺も小学生の姿になっているようだった。

部屋につき、二段ベッドによじ登ってシーツをはがしたり布団をたたんだ。
その際、ベッドのはじっこにタバコの吸殻を見つける。
あいつワルだなあと思いながら吸殻をつまむと、さらにもう1つ、またまたもう1つ、とそんな調子で吸殻が大量に見つかった。
あとでまとめて片付けようと、2弾ベッドの隣にある荷物を置ける空間に吸殻をまとめて置いておいて
他のものの掃除にかかろうとしたところで覚醒。


↓さんざん2度寝したのでどのタイミングで見たのか覚えてない夢。
------
辺りは夜で月が明るい。
木の上の大きな緑の葉っぱに猫耳ショタふたりが乗ってて、ちゅっちゅしてた。
視界全体でカラー漫画見てる感じ。動いてたけど。
ふたりともビキニを毛皮型にしたような服装だった。変態ちっくですなあ
髪の色やら服の色はお互い違ってた気がする。

五感:視覚★ 聴覚○ 触覚★ 味覚☓ 嗅覚◎
ほか:思考★ 感情★

【睡眠状況】
0時→7時→?時→?時→11時半
[PR]
by dreamvippen | 2010-09-21 12:17 | 夢日記
<< うろ覚え 餓鬼 >>