ハイパー坂道タイム

f0118605_848141.jpg


【夢日記】
ごちゃごちゃした街並みの坂道を登っている。頂上はかなり遠くだったが、しっかり見えた。
誰かに案内されて登っていた気がするが曖昧。

場面が変わって学校の中にいる。部分部分が微妙に高校に似ていた。
自分視点でゆっくり階段を登っていき、登り切ったところで女の子が3人ほど雑談をしていたのを見た。
顔は漫画である背景のモブキャラみたいな感じで口しか見えなかった。
このあと大勢で何かを競うみたいなことをした気がするけど覚えていない。

乗り物に乗って高速道路のような場所を走っている。
小型で一人乗りだが、バイクでも自転車でもないと認識していた。周りにも何人かそれに乗って走っている人を見ているはずだが形が思い出せない。
しばらく行くとぐぐっと左に曲がるカーブで事故っている車を遠くに見た。
軽自動車2台が正面衝突していて、白い煙が上がっていた。そのとき道路の外側を見たら一面の青だった。
雲が見えた(ちょっと曖昧)気がするので、ここは空中なんだろうか。
事故った車に近づいていくと、隣だか後ろ?あたりから女の子の声が聞こえた。
何かアホなことをしゃべっていたのでツッコんだ記憶がある。

遠くに大きな建物が見える。目的地に近づいてきているようだ。高速道路から離れていくにつれて道がだんだん狭くなってくる。
前方に三人組が歩いていた(何かに乗っていたかも?)が、道を塞ぐ形で横に並んでいたため追い越すことができない。
気付かせてどかせたか、気付くまで待っていたかどうかは覚えてないが、道が空いたところでそいつらを追い抜いた。
とてもイライラしていたので追い抜きざまにチッと舌打ちをしたら、向こうもイラッときたようで俺の悪口を言い合っているような感じだった。

いつの間にか目的地についているっぽい。
川をまたいでいる小さな橋のふもとで人と会った。この人は見覚えがあるようなないような。
その人の近くには4つの耳があって真っ黒な、漫画ちっくなコウモリがぱたぱたと浮遊していた。顔がジャックフロストっぽい。
目的地に着いたわけだし、これからどうするかというようなことを聞かれたあたりで覚醒。

五感:視覚☆ 聴覚△ 触覚△ 味覚× 嗅覚×
ほか:思考◎ 感情◎



【マインドマップ】
冒頭のはアレです。マインドマップです。
前から夢絵日記描きたいなーと思っていたんだけど、俺の夢は漫画っぽくするには絵的に地味だしそもそも漫画なんて描けないしなにより画力が足りないしで断念してた。
んで昨日図書館行ったらマインドマップの本が置いてあった。
なんとなく読んでみたらこれ一部絵日記化に使えるんじゃね?と思ったので、描くのを再開してみることにした。
大昔に3秒氏に勧められて描きはじめたはずだけど、このブログを見る限り2回くらい書いて速攻やめてやがったのでその反省も兼ねてということで続ける。

・言葉とイメージ(絵)を結びつけるのが大事
・連想させる、関連づけて覚える(放射思考)
・やるならやり方だけを覚えるんじゃなくてこうやるのはなぜ?という疑問を解消してからじゃないと身が入らなかった
・おちんちんびろーん
・あんまり気合入れて描こうとすると本文書く前に力尽きるので気楽にやる

【睡眠状況】
23時→5時→6時
[PR]
by dreamvippen | 2010-09-01 09:03 | 夢日記
<< 力士ブログ rakugaking >>