大王

【睡眠状況】
6時半→14時

【夢日記】
なんか偉いらしい人、俺、俺と同じ役職らしい人が丸テーブルを囲んで何か話している。
窓の外を見ると結構な人が歩いている。ここは学校の中のようだ。
しかし学校の中にしてはこの部屋結構広いし豪華。

偉い人は自分の事を王だと言っていた。
そんでそろそろ引退する時期なので、俺ともう一人のどちらかに王位を継いで欲しいらしい。
あと何か大声で熱弁してたけど話の内容は覚えていない。
窓が開いていたので外にも聞こえたらしく、びっくりしてこっち向いてる人がいたので
あわてて窓閉めた。基本的に聞かれてはいけない話の内容だったようだ。
俺が窓を閉めてる間に王はもう一人にたしなめられていた。

話が終わった頃に、俺らより一つ下の階級の人が慌てて入ってきた。
この話し合いに参加するはずだったが遅れてきたっぽい。
王は遅れすぎワロスwwwwwwみたいな感じで笑ってた。
もう一人と一緒に部屋を出て廊下をしばらく歩いたら建物の出口に出た。
明らかに学校の昇降口だったので、やっぱりここは学校なんだなと思った。

俺は王とか常識的に考えて無理なので、もう一人にやってもらうことにした。
え~・・・仕方ねーな・・・と言っていたが顔はにやけていた。やってみたかったらしい。
昇降口を出たとき、下半身が妙にすーすーすることに気づいた。
気になって見てみるとぱんつはいてない、じゃなくてぱんつしかはいてなかった。
ちょおまwwwwwwと思ったが、上着が長めでスカートみたいになっていて
パンツ丸見えではなかったので安心した。ついでにパンツはなんというかどう見ても女物だった。

もう一人と歩きながら何か話していたところで覚醒。
会話の内容は、王様の名前が「ジャコモ・パドック」ってことしか覚えてない。
あと怪盗がどうたらってのも覚えてるけどよく分かんね。

五感:視覚◎ 聴覚△ 触覚◎ 味覚× 嗅覚×
ほか:思考○ 感情◎
[PR]
by dreamvippen | 2009-12-20 16:10 | 夢日記
<< 夜 多いけど曖昧 >>