れじす☆たんす

【睡眠状況】
忘れたんこぶ

【夢日記】
どっかの組織と戦っているという設定らしい。
その組織に単身乗り込んで行ったボスを助ける為に仲間が集結したが、
当のボスは一人で組織のトップをブチ殺して華麗に逃げたらしい。
その仇を取るためか敵がうようよ出てきて、中途半端に出てきた俺らの方が危なくなった。

地下道らしいが全く地下道に見えない明るい色合いの通路を走っている。
俺の前にはツクール2000のデフォデータベースにいるブラックナイトとヘビーゴーレムが
がっしゃんがっしゃん音を立てながら走っていた。
途中で脇道から出てきた仲間を何か説得して無事な場所に帰らせた記憶があるけどよく覚えてねぇ。

地下道を抜けると、ボロい建物の中に出た。
そのまま進むと少しの傾斜があって、その先に出口があった。
なんかうまく説明できないので図。余計分からなかったらすまんこ
f0118605_4351642.gif

待ち伏せがないか恐る恐る建物の外を確認。
人の気配はなさそうだ。
と思っていたら谷の上の方にとんでもない量の影があった。
5~6人の仲間が既に建物の外に出ていたので、「上にいるぞ!建物の中に戻れ!」と叫んだが
建物に逃げ込む前に仲間のほとんどは飛んできた銃弾で穴だらけになった。
中まで弾が飛んできたので慌てて2階に駆け上がり、置いてあった大量の布団というかマット?っぽいものの中に身を隠した。

谷の上にいたやつらはこの建物の中に入ってくるだろう。慌てて2階に上がってしまったがここに居てもそのうち見つかってしまう。ここから逃げるには地下道に戻って元来た道を戻るしかないだろ常識的に考えて……。
と思って身を起こしたら床から鋭い刃物(槍?)が突き出してきて右の横腹に刺さった。
ああもう敵に建物に入られたんだ、もうだめだ人生おわた
と思ってたら目が覚めた。


二度寝。
あまり賑やかではない夜の街を歩いている。
道路を挟んだ向こう側にブックオフを見つけたので行こうとしたが、歩道と車道の間にやけに高いフェンスがはってあることに気付いた。
そのフェンスを乗り越えようとしがみついたとこで覚醒。
なんかもうちょっといろいろあった気がするけど覚えてねえや。

視覚☆ 聴覚○ 触覚◎ 味覚× 嗅覚×
[PR]
by dreamvippen | 2009-05-03 04:46 | 夢日記
<< なんじゃこりゃあ 猫 >>